ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1010
昨日 : 1818
総計 : 212453212453212453212453212453212453
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2005年6月30日(木曜日)

VSKYPE

カテゴリー:
    - tanapon @

    おもしろいツールが公開された。自宅からは使えたが・・・。
    期待したけど、学校からは無理みたい。TCP 443番ポートを開く必要があるとのこと。またしても、である。


    2005年6月29日(水曜日)

    第1回校内研

    カテゴリー:
      - tanapon @

      校内研を行った。
      1年生の国語。4年生の総合的な学習。
      1年では、ぞうさんのはなの特徴と機能を文章と画像から読みとろうというもの。国語の授業としてまず成立することが重要。文章にこだわって読みとることと、それを豊かにするために、画像を文章につなげて読みとることが主眼の授業。文章と画像とのつながりが課題となった。せっかく画像を使うのだから、ITを活用したいところだった。当たり前に使いたい。
      4年では、それまでの学びをプレゼンにするミニパッケージ。ミニのつもりが結構時間数を使ってしまっている。コンパクトな単元構成が必要。また、総合における本来のテーマに迫れるような時間配分も必要。学びのステップを一つ一つ身につけさせるという点では、本時は成功だと思う。
      指導助言は、県教委中部事務所の黒川先生。「肩の力を抜いて、子どもたちの力を付けてください」という言葉が印象的でした。


      2005年6月23日(木曜日)

      情報教育役員会

      カテゴリー: - tanapon @

      中小研の情報教育部役員会に参加した。計4名。
      夏季研修会の設定と、本校会場の研究大会に向けての案内、そして、当日の流れについて協議を行った。


      2005年6月21日(火曜日)

      情報モラル等指導サポート事業実践研究協力校合同事業説明会

      カテゴリー: - tanapon @

      標記の会に出席した。全国で16校、鳥取は灘手小と本校の2校が指定された。情報モラル指導に関してそうそうたるメンバーの大学研究者が委員となっている。委員長は永野先生@聖心女子大学、また本校の担当として、小田先生@東京女子体育大学と永野先生が直接関わってくださる。いろいろと考えなくてはならないことが出てきたが、校内研究の体制の中に組み込んでいこうと思っている。苦しいけど楽しみな展開である。
      鳥取便には間に合わず品川泊。せっかくの品川プリンスだけど、部屋にこもって原稿書き(^_^;)。


      カテゴリー: - tanapon @

      moblog日曜日の夕方、短時間、健太郎と。釣果は、天ぷらに。


      2005年6月15日(水曜日)

      授業研究事前研

      カテゴリー:
        - tanapon @

        事前研を行った。
        6月末から7月にかけて2回、計4授業の授業研を行う。第1回は1年国語(伝える力)、4年総合(伝える力)、指導助言は県教委より。第2回は2年国語(伝える力)、3年総合(メディアリテラシー)、指導助言は金沢大学中川先生。

        今日は、4授業の事前研をまとめて行った。全員を低学年部、中学年部に分け、それぞれの進行。指導案提案のあと、付箋紙に良い点改善点などを記入し、模造紙に張ってから、問題別に分類、分類されたものについて、課題や解決策について、協議。同時に模造紙にそのキーワードを書き込んでいく。できあがった模造紙そのものが、プレゼンの提示資料になる。低中学年部の話し合いのあと、同じ会場に移動して、相互に話し合ったことの報告会を行う。報告者は、今回はそれぞれの部会の司会者にお願いした。どちらも若い先生。苦労しながらもポイントを押さえたプレゼンをされた。(あえてプレゼンと表現します。)ベテランの先生もたくさんおられるので、こういう司会やあとのプレゼンを意識したまとめ方や即座のプレゼンなど、できると思うので、みなが交代でやっていけるといいなと思う。

        この手法は、特別のものではなく、最近ではあちこちで当たり前にやられているもの。本校では、昨年からちょっとやってみた程度。今日は、全体をそれで流した。各人がちょっとだけとまどいながら参加した感じ。でも、それぞれが思った大事なポイントは出されたと思う。教師であるなら、このような研修を司会や発表の立場でコントロールしたいものだ。直接、児童への指導に生かされる事項である。

        研修スタイルの改善も必要。それにむけては、実はエネルギーがいる。今回の立て役者は、授業研究部のヘッドを引き受けてくださったYさん。今日は、よんどころない事情で参加いただけなかったが、直前まで準備や連絡に心配りをしてくださった。大大感謝。そして、その手腕にますます感激。
        また、今日の司会者の方、急に言われたというのもあるけど、がんばってくださった。

        この研修スタイル、効果はある。ただなじみがないだけ。みなのものにしたい。

        模造紙まとめ

        最後の説明プレゼン


        2005年6月11日(土曜日)

        学校連画キックオフ

        カテゴリー: - tanapon @

        moblog京都新林小学校会場 本校の栗原さんも参加。修学旅行あけにご苦労さま。よく参加してくださった。ようやくイメージができたらしい。メンバーとの顔合わせができたのがいちばん。意義やつけたい力について協議できた。一気に動きだすことにした。


        天竜寺庭園

        カテゴリー: - tanapon @

        moblog雨です


        2005年6月10日(金曜日)

        修学旅行生中継

        カテゴリー:
          - tanapon @

          4年目くらいになるのかな。元々は中川さん@徳島の実践。今の学校に来てから、何とか中継したいと毎年システムを工夫し、端末の手配に腐心しながらやってきた。今年は、ライブドアのBLOGを使った。携帯で簡単に送信でき、携帯で閲覧ができることがポイントだ。3月くらいにリサーチした結果、これしかなかった。現在は他にもあるのかも知れない。この条件は、学校HPまたは学校BLOGの条件だとも思っている。自前で構築するのも楽しいし、自分のサイトは実現した。でも、学校で簡単にそのような情報の発信をしようとすれば、アウトソーシングして、できれば一番うれしい。しかも料金がかからない状態で。両起因については、予算がきちんと付けばそれでいいのだが、やりたいときに言ってもすぐには予算は付かない。それが学校の現実、行政の常識とは違うが、それが学校の運営に必要なこと。話がそれた。
          今回の修学旅行ライブは、ライブドアのBLOGと某キャリアの地元の志ある方の支援の元に実現した。って、ここのところ毎年借りているけど。カメラ付き携帯を5台をお借りした。テレビ会議システムも持っている端末なのでそれもおいしいのだけど、それを使うとお互いの時間を拘束することになる。綿密な打ち合わせか、もしくは、フレキシブルに対応できる人間性と状況が必要。取りあえず、カメラ付き携帯として活用し、子どもたちのは事前指導で、自分たちの様子とどんなところで何を見ているかを伝えようという課題を持たせた。さらに、伝えてよい画像とそうでない画像について学び情報発信のモラル学習の実地体験とするようにした。送ってきた画像とコメントはそれを反映している。ポイントをついて自分たちの学習活動を表しているし、画像は肖像権や許可を得ない画像をあげないなどと言う原則を守っている。
          保護者の方にアドレスを連絡し、コンピュータでも携帯でも見てもらえるようにしている。コメントもいただいた。ただ、あまり数は多くない。操作に慣れられないと言うのもあるだろうし、情報に対してコメントを自分で書くって言うのも多分体験としては多くないのだろう。

          子どもたちの携帯には、メールで送信先はこちらという指令は送ってある。それは事前指導の中で扱った。今日いきなり行ったことがある。メールで、「見るのはこちら」という題で、アドレスつきのメールを送った。
          送る人が違えばスパムメールやあやしいメールになるはずだ。本文に私の名前を書いたから、多分信用して、クリックし、自分たちが送信したWEBを見ていることだろう。

          この体験は、情報モラルの学習に際してのきっかけや教材になると考えている。種まき種まきである。


          2005年6月7日(火曜日)

          BLOGのアクセススピード

          カテゴリー:
            - tanapon @

            情報教育人のBLOGはなぜかニフティのココログが多い。某氏が使っておられるからなのかも知れない。私もニフティには以前お世話になっていて現在も隠れ会員である。それにしても遅い。アクセスするたびにかなり待たされる。他のBLOGは、自分のサイトにつくっておられるものも含めて、そのBLOGはすっと開く。使う側から見れば問題である。見たいから待つけど。普通ならまたないなあ。


            2005年6月5日(日曜日)

            出生率が高い鳥取県

            カテゴリー:
              - tanapon @

              普段は読めない日経新聞の記事。
              出生率が1.5人をこえている都道府県は4県しかない。しかも地方。その中に鳥取県も入っている。理由は、夫婦が子育てをするのに、同居でなくとも、じいちゃんばあちゃんの家に近くて、行き来できているからではないかと。出生率が低いのは都会。じいちゃんばあちゃんが遠いと確かに子どもを預けることも家事を手伝ってもらうことも難しいだろうなあ。
              鳥取県は、女性の就業率が高い。だから共働きの率も高い。従って、軽自動車の所有率も高い。こんなことも関係するのだろうな。婚姻や出産の年齢も低いみたい。若いうちからお母さんになって働き、じいちゃんばあちゃんの力を借りて子育てをする。そんな鳥取の姿が見えてきた。
              過疎の問題を抱えたところも多いけど、案外都会より良いのかも。でも都会の子育て問題は、10年たつと地方にもやってくるそうな。そうすると鳥取も・・・。そうならないように、今の良さを生かしつつ先を見て施策を打っていくことが過疎問題や少子化への対応になるかも。
              記事の中にあった都会の子育てママの「仕事で家にいない夫はいないと同じ」ってコメント、強烈でした。明日は我が身か。


              岡山空港初利用

              カテゴリー: - tanapon @

              幕張でのセミナーが午後6時前に終わって当日に帰りたいというわがままから、初めての岡山空港を使ってみた。鳥取便羽田発には間に合わない。夜行の出雲だと次の日になる。
              最終便の岡山空港到着時には、鳥取への連絡バスがないので、車を使う必要があって、前々日の出発も岡山空港からとなった。そのために車の使用願いを書いた。初めてのこと。事務の先生も初めてだということ。無事許可が下りた。
              往路は、何にも考えずにナビの言うがままに行くと、米子道の途中で降りて、地道を行くことになった。料金所のおじさんに聞くと、こちらの方が近いかも知れないとのこと。とりあえずナビ通りに走り、ほぼ予定時刻に到着。羽田に向けて最終便無事フライト。
              帰路は、岡山着最終便で到着。空港から自宅に向けてナビを設定し走りはじめた。夜なので、往路と同じかどうかよく分からない。しばらく走ると、何と岡山道のインターに導かれてしまった。結局、岡山道経由だとちょっと遠回りのような気がする。なんで、往復のナビゲーションが違ったのかよく分からないけれど、初体験で両方、試すことができたのをよしとしよう。それにしても、夜の高速走行はつかれる。眠くなりそうだったので、高速を降りて、途中湯原温泉の露天にひとつかり。タオルを持っていなかったけど、近くの旅館に入って買うことができた。土曜日だからか、たくさんの人がいた。女性も結構いた。みなカップルだったけど。湯原のお湯は強い。長い間入っていると湯あたりをするそうだ。帰路は、なんか体力を消耗した感じで安全運転第一を意識しつつ、走る。結局帰着は、24時をすぎたけど、まあ夜のうちに帰ることができたから、よしとしよう。


              2005年6月4日(土曜日)

              スイカ

              カテゴリー: - tanapon @

              moblog羽田空港に向かう途中でSUIKAカードを使おうと思ってポケットに手を入れたとたん目に入って、絶句しました。鳥取SUIKA。こんなところにいたのか。地元で知っている人はそんなにないかも。旬は初夏です。早いほどおいしい。もう、その季節ですね。改札に並ぶ多くの改札口に2枚ずつ張ってあるこのシールは、とっても目立って、壮観でした。


              2005年6月1日(水曜日)

              blogを使うならLivedoor

              カテゴリー: - tanapon @

              なんかPR的なタイトルになったけど。
              以前から、携帯でも投稿でき、携帯でも閲覧できるものを探していた。もちろんフリーで。
              そこで、見つかったのが、表記のもの。他の条件も加えて、学校で使いやすそうなものを探した1ヶ月前のリサーチでは、これしかなかった。
              来週、6年生が修学旅行に行く。携帯を某所にお願いして5題ほど持っていく。それを使った直接の情報公開の土台に、昨年は、いまこんを使ったけど、ことしはBLOGを使いたい。携帯対応が条件。そこで、表記のBLOGシステム。

              設定をしてみて、結構うまく設計されていると感じた。需要を見込んで、変更できる点が設定されている。その範囲内で、学校からの情報発信にも使えそう。


              47 queries. 0.073 sec.
              Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

              つぶやき


              鳥取の天気


              BLOGカレンダー
              2017年 4月
              « 2月    
               1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              30  


              関連書籍


              書籍紹介


              アドセンス


              アソシエイト
              Amazon.co.jp アソシエイト


              検索


              論文検索


              ICT


              教員向けポータル


              リンク


              はてなアンテナ


              勝手にリンク 気になる人々



              Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
              テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
              Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
              Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2