ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1111
昨日 : 2020
総計 : 213654213654213654213654213654213654
平均 : 5353


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2006年3月30日(木曜日)

送別会

カテゴリー: - tanapon @

今年は、9人の方をお送りする。半分か移動になる感じだ。
送別会の準備をして会に臨む。人数が多いので時間を気にしながら進行したが、司会の方の絶妙な言葉かけで何とか時間が確保できた。また、みなさんに感謝状を書き贈呈するという恒例の行事があるのだが、それぞれにいい味の感謝状贈呈となった。涙あり笑いあり。
最後に一人一人エールを送り、胴上げを行った。エールを送るので、こんなに笑ったのは初めてだ。あんなやり方があるのだな。大いに盛り上がった。


2006年3月26日(日曜日)

情報教育マイスター研修会

カテゴリー: - tanapon @

小田原で開催。前日のD−proに続き、午前中はUDのプロジェクトオフミ。有意義な会だった。コクヨ本社にも初めて行った。今度はショールームものぞいてみたい。ちょっと先に失礼して、11:30品川から新幹線で小田原に向かう。小田原駅で会のバスに乗り、会場へ。バスの中は、D−proの3次会の雰囲気も。会場には昨日のメンバーも多数。それ以外にも各地の指導主事さんがおおい。今回は、情報教育マイスターとして3人が指名され、その一人として、登壇の機会を頂いた。ワークショップグループの様子を見ることも、自分自身の学びにもなる。中川先生、木原先生、藤村先生のそれぞれの立場の指摘が鋭い。
自分自身は、校内でのコーディネートについて、ある意味分かりやすく分類して示したつもり。情報教育と教育の情報化については、混在した状況で話をした。そのあたりの見極めがどうかが藤村先生から指摘された。また、木原先生の話からは、職員や児童の実体を捉えることから、スタートすべきだとの指摘を頂き、大いに参考になった。そのまま、新年度の取り組みに生かしていきたい事柄だ。
3月は、しんどかったけど、良い機会をたくさん頂いた。感謝。


D-projectワークショップ

カテゴリー: - tanapon @

春の公開研究会に、本校から5名参加した。出張あり、自腹あり。また、児童2名と保護者2名がUDのプレ全体会に参加した。負担してくださった事務局と出させてくれた管理職に感謝。子どもたちはよく頑張った。賞も頂いて、満足しているだろう。ご苦労様でした。
午後のワークショップの一つを担当した。メディアリテラシー授業の体験をしていただくもの。有田先生と中橋先生と組んで行ったのが、自分にとっても勉強になった。鳥取県ネタでやったのだが、参加者の方はおもしろいポスターを作成された。宣伝にもなったかな。国語の中にメディアリテラシーの授業を位置づける試み。反省点はあるけれど、おおむね好評だったと思う。取り組みのスタートしてはまずまずだったかな。
写真は参加者の相互評価の場面と、中橋先生。

相互評価大栄スイカポスター作品中橋先生プレゼン


2006年3月23日(木曜日)

HDD入れ替え

カテゴリー: - tanapon @

以前はデスクトップマシンを解体して、入れ替えしたものだが、最近は、USBのツールが市販されている。ノートのHDDでも取り外して、別ノートにつなげば簡単に認識される。これはとっても便利。
依頼されていたwin95のノートパソコンのHDD入れ替えを試みるも、データ移行はできたが、起動に失敗。なんでだろう。
一時外付けHDD


どこのどんなお酒?

カテゴリー: - tanapon @

先日、同僚から中国土産のお酒を頂いた。
見たところ、いかにも中国土産。焼酎だということでいただいた。

みやげ1みやげ2みやげ3

ところがよくよく見ると、この酒は何だ。焼酎と書いてあるが、・・・。
みやげ4

産地は何と沖縄県。
みやげ6

実は、泡盛だったみたい。みやげ5


2重の虹

カテゴリー: - tanapon @

ちょっと前になるが、卒業式の前日準備を終えた頃、素敵な虹がかかった。
忙しい時を過ごしてきた職員の間に歓声が上がった。
にじ1にじ2


2006年3月21日(火曜日)

ウイルス対策

カテゴリー: - tanapon @

話題のウィニーのウイルス対策について、得られた情報をまとめてみた。
基本的なことを周知したり対策を打つことはもちろんだが、具体的なサポートも必要だと思う。学校現場はある意味特殊なので、それに合わせた活用ルールや対策、そしてサポートが必要だと思う。

■問題と基本的対策
IPA
Winnyによる情報漏えいを防止するために

■共有コンピュータの管理に
Shared Computer Toolkit for Windows XP 製品概要

■自宅のマシンのチェックをしてもらおう
Microsoft® Windows® 悪意のあるソフトウェアの削除ツール (KB890830)

■Antinny専用ワクチン Winnyも検出
Antinny など、Winny で拡散する悪性コードを検出駆除するツール

■ウィニーを使っていなければ大丈夫というわけじゃない
山田オルタナティブ


2006年3月19日(日曜日)

おでんの缶詰?

カテゴリー: - tanapon @

秋葉原の街角で行列ができていたので、何だろうとのぞいてみると、自動販売機でおでんの缶詰を売っていた。200円也。こんなものが流行っているのかとちょっとびっくり。今日は風が強くて寒かったので、ちょうど良いのかも知れないけど。買う人は、ドンなんだろうという興味で買っていた様子。


ICT活用指導力ヒアリング

カテゴリー: - tanapon @

前夜、日本橋泊。日比谷線で八丁堀、京葉線に乗り換えて海浜幕張。タクシーでNIMEへ。
IT活用指導力チェックリストのための予備的調査。今回の研究の意義を確認。来年度以降の文科省の動きを左右する重要な調査だということが分かった。
先日金沢で聞いた西岡さんの論文を堀田先生から聞く。改めて、データのそろえ方や分析の仕方を学ぶ。また、教師の属性によって、うけるネタが違うというのはとっても興味深い。校内での戦略にも生かしていきたい。
高橋先生の因子分析を使った説明もおもしろかった。統計的なデータのそろえ方を論の中に入れていくことができれば、研究のデザインもできるし、説得力ができるというのが、よく分かった。
各人の発表では、全国の優れた実践者の戦略を効くことができた。やっていることは、似通っている面もあるが、それだけ重要だということ。また、その意味づけが各人少しずつ違っているのがおもしろかった。短時間で伝えることの難しさを、今回も感じた。
宿題を頂いたが、この宿題の観点が、自分の先日の論文構成と密接な関係があることに気づいた。おもしろい。
解散後、秋葉原に直行。本校職員から再生を頼まれていた古いノートに入れるための、増設メモリとHDDを探し歩いた。かなり古い規格のものなので、出回っていなかった。数軒歩いてようやく見つけてゲット。最終便で帰鳥。


迷惑メールフィルター

カテゴリー:
    - tanapon @

    クイックPopfile
    Popfileを使っていたけど、ちょっと重かった。機能的にはすばらしい。
    有償だけど、新しいものになっていたので、かえてみました。様子を見ます。
    ベッキーにもアウトルックエクスプレスにも対応しています。


    PCは買うものじゃない?

    カテゴリー: - tanapon @

    昨日、小学生の息子の一言。
    「ぼくも自分のパソコンがほしい。お父さん、壊れたパソコンをもらってきて。直してぼくにちょうだい。」
    オイオイ。確かにそんなパソコンばっかりだけど。
    笑っちゃいました。


    2006年3月17日(金曜日)

    娘の卒業式

    カテゴリー: - tanapon @

    職場も卒業式だけど、今回はお休みさせていただいた。あまり気兼ねなくそういうことをさせていただける職場の同僚に感謝。
    娘たちは、新しくできた学校の初めての卒業生。卒業証書台帳も1番から。
    6年生になって初めて一緒になった子どもたちが一年間がんばってきた成果をその姿として発揮する場。まあこんな見方をするのは、教員だからだろうけど。
    素敵な卒業式だった。呼びかけや歌もすばらしかった。涙涙ではなかったけれど、あたたかい中に凛とした雰囲気が感じられるものだった。しっかり練習してきたからだろうか、あまり緊張しなかったと娘は言っていた。歌や呼びかけの時の顔も良かった。
    午後は、会場をかえて謝恩会。先生方への謝恩もあるが、最後に子どもたちから家族へのメッセージが、あった。全員が一人一人会場の家族に向かって、語ってくれた。役員の方と先生方と一緒に準備をしてくださったことだと思う。そして子どもたち、素敵なプレゼントをありがとう。


    2006年3月15日(水曜日)

    コメントスパム

    カテゴリー: - tanapon @

    いやあ参りました。
    今朝、短時間に50個のコメントスパム。
    調べてみると米国のIPからでした。
    コメントスパム対策を依然していたのだけど、不具合で、コメントができなくなってしまうというもの。ちょっと考え直そう。
    問題のターゲットになりやすい投稿については、とりあえずコメントできないようにしておいた。他には、コメントできますので。


    2006年3月12日(日曜日)

    教育工学会研究会金沢大会

    カテゴリー: - tanapon @

    前日夕方金沢入り。当日朝から参加。3会場に分かれて開催。地方での研究会では、本数が多い方らしい。たくさんの発表を聞くことができた。発表内容というより、研究の進め方についてどうなのかを中心に聞いた。研究の目的設定、方法の設定、データの分析の仕方など、とても参考になった。実践内容は、う〜んと思うようなものでも、しっかりデータは取って分析してあった。それで明らかになったことは???てなのもあったけど。その中で、研究方法そして発表の仕方など、質の高いものがはっきり分かり、方法がとても参考になった。
    自分自身は、午前の最後に発表。プレゼンでは、研究で明らかになったことのうち、特に主張したいことを中心に聞いていただけるようにちょっとだけ、重点化。データの整理と分析に精一杯で、データを別の切り口で整理してみることも、ありかなと、指摘を受けて気づくこともできた。次に向けての、一つのステップにしたいと思う。

    夜は、近江町市場内の食堂で、石川や各地のメンバーと、石川の海の幸を囲んで、懇親会。今後の実践に向けてのたくさんの示唆を頂くことができた。このメンバーの中では、一部の方を除いて、私が結構年輩であることに気づき、ああそうなんだ(^o^)と、ちょっと思ってしまった。大学の研究者の方にお世話になることが多いのだけれど、その研究者の方々と話すと、本当に現場の実践者を大事にしておられることを感じる。まあ、お互い様なのだけど、しっかりとフィードバックし合える質の高さを出すことが、必要だなと、身の引き締まる思い。

    金沢の食材は、鳥取の食材とかなり似ている。
    違うのは、調理の仕方と食材の名前。
    さすがに京都の文化が入っているだけあって、金沢では料理に一手間がかかっている。
    鳥取では、刺身や煮付けにして食べたり、鍋の材料にするだけのものが、金沢では天ぷらの一品になったりしている。鳥取では、食材のおいしさに頼って食べるけど、金沢ではさらにそれを引き立たせるための一工夫をしているっていう感じがする。素材環境は似ているけど、食文化の違いを感じる。だから、いかの丸干しは、鳥取にはない。これがまたおいしいのだけど。
    鳥取では、親がにとよんでいるズワイガニのメスは、金沢では甲箱ガニという名前。
    鳥取のモサエビが、金沢ではガサエビという名前。いずれにしても甘エビよりおいしいとの評判は同じ。ちょっと調べてみたら、正式名はクロザコエビだそうだ。金沢のお店ではシロガサエビと書いてあったけど、それって、白いクロザコエビ??

    翌日、駅前で市場の朝市がでていた。カニ汁100円也を堪能。100円で元が取れるのと思ったけど、具材をうまく使って、おいしく作ってあった。
    雷鳥とスーパーはくとをつないで、帰鳥。今まではサンダーバードをえらんで乗っていたので、雷鳥は初めて乗ったけど、案外快適だった。停車駅数が多いけど、その分、ああここがそうなんだと、あのあたりを良く知らないものにとっては、地理の学習になりました。


    2006年3月7日(火曜日)

    情報教育ネタのローカルニュース

    カテゴリー: - tanapon @

    先週取材が入って、今日ローカルニュースで放映があった。
    5年生の情報モラル授業。
    いろんな事を脈絡なくしゃべったので、どんな切り取られ方をするのかなと思っていたけど、無難にまとめておられた。まあ、範疇が広いので、無難なまとめかたかなと思う。

    次回さらにつっこんだ特集を組んでくださるとおもしろいのだけれど。


    マイタウンマップ

    カテゴリー: - tanapon @

    マイタウンマップコンクール
    先日、表彰式があった。
    すばらしい作品ばかり。活動がまず素敵、そしてWEBへの見せ方もある。
    表彰式では、素敵なプレゼンがあったとのこと、見たかったなあ。

    本校の3年生が取り組んだことを応募していたが、表彰式参加の対象とはならなかった。
    実践内容はまずまずだったけど、私が行ったWEB上の表現のブラッシュアップが今ひとつだったと思う。ということで、来年もがんばろうと思っていた。

    と、今日、事務局から連絡が入った。
    作品『発見 三朝のじまん』が、実行委員会推奨作品に入ったとのこと。
    何よりがんばってくださった担任さん、そして子どもたちへの励みになる。
    そんな意味で、とてもうれしい。

    そして、粋な計らいの事務局の方に感謝。


    2006年3月5日(日曜日)

    xoopsを使って

    カテゴリー: - tanapon @

    NetCommons
    http://www.netcommons.org/

    これおもしろそう


    精進しよう

    カテゴリー: - tanapon @

    今週末は、東京で多彩な会が開催されている。
    昨年は、CECの成果発表会に行き、発表の場も少し頂き、たくさん刺激を受けた。今年は、本校から、ししちゃんに出かけてもらった。よい刺激を受けて帰ってくれればと思う。CECの会に前後して、NIMEの会やマイタウンマップコンクールの表彰式も行われている。みなさんのBLOGから、そのすばらしさや感動が伝わってくる。ぜひ自分自身で味わえるように、精進精進。
    今回は、おとなしく家にこもっている。今月の他の週末は出かけまくりなので、ここは我慢。来週の研究会に向けたプレゼン作りに精を出すことにする。県内のネットデイも開催されているので、お手伝いに行きたいのはやまやまだけど、ままおさん、ごめんなさい。
    さあ、がんばろっと。


    2006年3月2日(木曜日)

    ネット社会の歩き方新バージョン

    カテゴリー: - tanapon @

    「ネット社会の歩き方」が新しくなってβ版が仮公開された。
    http://www.cec.or.jp/net2006/
    旬の題材が追加されている。
    とても使いやすくなって、おすすめ。
    必要な押さえやまとめもしっかりしている。


    2006年3月1日(水曜日)

    現役のpen133

    カテゴリー: - tanapon @

    先日来、校内の同僚に、以前使っていたノートPCを使いやすくリフレッシュしてくれないかと頼まれている。よく見ると、pen133、メモリ32メガ、win95のマシン。NECPCでないだけ、ましん、ん? 実は、本校の教室にある一番ふるいマシンがこれくらいのスペックだったりする。これでもワープロ程度には十分使える。まあ、95だから安定しているとも言える。
    ということで、対策を考えた。
    メモリの増設と、HDDの換装。
    メモリは、今では珍しいタイプのもの。同じ形状のものが手元にあったので、さしてみたけど認識せず。HDDは、多分何とかなるだろう。マシンにHDD容量の壁があるみたいなので、BIOSのアップか、パーティション分割でごまかすかな。それより、そんな小さい容量のHDDがあるかってこと。
    とりあえず、今度上京の折に、秋葉にいって、部品を物色することにした。

    今日、谷口さんが最近まで使っていたのが、このスペックのマシンだったと判明して、驚き。さすがに、メモリの量は、160メガと当時のマシンとしては、力一杯入れているけど。(そんなにはいるマシンがあったんだと、別の意味で驚き。)
    本当に使い倒していたんだなあと。仕事のできる人は、マシンのスペックではなく、人のスペックが高い。まさにそのまんま。


    文科省「教育の情報化強化月間」

    カテゴリー: - tanapon @

    文科省「教育の情報化強化月間」のページが公開された。
    http://www.eeaj.jp/mext/ict3.htm
    文科省の意気込みが伝わってくる。小坂文部大臣のビデオもある。
    ICT利活用促進キャンペーンで使われているもの。模擬授業の前に流されて、背筋がしゃんとなりました。(^^;)

    情報量としてもかなりのものがあり、各種研修に使える資料もある。


    インタビューに答えるのはむずかしい

    カテゴリー: - tanapon @

    情報モラル指導について、某N○K鳥取支局の方が取材に来られた。5年生の授業の取材と、インタビュー。
    授業の方は、コンテンツを利用して、個人情報を書き込むことについて考える授業。一事例を通して考えた後、様々な場面でのケーススタディ。まとめは、むやみに個人情報をおしえないこと、分からなかったら必ず大人に相談すること。
    インタビューでは、聞き手の意図を読みとり、的確に端的に答えればよいのだろうけど、これがなかなか難しい。こちらの伝えたいこともあるし、話の流れもあるし。最終的には編集されるのだろうと思うけど、的確に答えられたかどうか、う〜ん、ってとこ。考えていることはしっかり話したとは思うけど。
    どのように料理されて番組になるのだろうか。楽しみと不安、両方である。
    放送は、来週の夕方のローカルニュースの中らしい。


    52 queries. 0.117 sec.
    Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

    つぶやき


    鳥取の天気


    BLOGカレンダー
    2017年 7月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  


    関連書籍


    書籍紹介


    アドセンス


    アソシエイト
    Amazon.co.jp アソシエイト


    検索


    論文検索


    ICT


    教員向けポータル


    リンク


    はてなアンテナ


    勝手にリンク 気になる人々



    Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
    テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
    Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
    Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2