ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1313
昨日 : 1313
総計 : 212992212992212992212992212992212992
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年8月28日(火曜日)

携帯ネット利用の注意

カテゴリー: - tanapon @

「釣り上げ」「懸賞」最近の悪しきトレンド。要注意。


2007年8月26日(日曜日)

夏が終わった

カテゴリー: - tanapon @

今日聞いたあるお母さんの言葉。
今日は県のスポレクの日、私も一日水泳大会の会場で応援。
我が子は、この夏の目標記録をようやく今日達成して、この夏は終了。
ずっと本人は水泳やサッカーの練習にがんばってきていたし、親もそれなりに応援してきたので、隣で見知らぬお母さんがつぶやいていた「夏が終わった」という言葉、ほんとにそうだと共感しました。
でも、もう秋が始まっていたりして。

ま、明日から二学期ですので、そんな感傷に浸る間もないけど。


二十世紀なし出荷始まる

カテゴリー: - tanapon @

26-08-07_1533.jpg

地元ネタも良いでしょう。先日から出荷が始まった二十世紀梨ですが、どこのマーケットに行っても売ってあります。今日帰りに寄ったマーケットでは、県内産地の箱が数種類それぞれ島を作ってありました。正面はもちろん東郷梨のはこでした。ただの梨の箱が工夫でこんな派手な展示物になるのですね。恐れ入りました。


2007年8月24日(金曜日)

教育センター国語ICT 水野さん@宮崎

カテゴリー: - tanapon @

センターの講座に水野さんがおいでになるということで、1学期から楽しみにしていた。夏休みの最終日であるが、充実した研修になった。
会場につくと、一般の(?)参加者に混ざって、県内の濃い人たちの姿もちらほら。わたしの所属したグループは、5名だったが、その中にわたしの他に、谷田さん・中島さん・市橋さんがおられ、何とも濃い過ぎるメンバー。
水野さんの模擬授業と実践発表は、中身も濃くとてもテンポ良く進行された。内容もとても参考になったが、あの進行は見事だった。簡単に見える事例をうまく配されていた。校内の先生方に伝える際の参考になる。研究としての部分も見せながら、いろんな参加者に配慮されたプレゼンに見えた。
午後は、ワークショップで授業づくり、どんなものにしようかと協議したが、結局濃いメンバーだったので、濃い内容に。センターのテレビ会議システムを使っての国語実践。せっかくだからと、いろいろと試してしまった。でも、内容はちゃんと国語でどう子ども達を鍛えるかに中心をおいた。つもり。
発表したら、会場からは、やっぱり敷居が高いと感じられたような反応が返ってきた。本当はそうじゃないのだけれど、高度なシステムを使うだけでそう感じられるのは、事実だろうなと思う。
ともあれ、同じグループに入っておられた普通そうな先生が、どう感じられたのか、聞き忘れた。(^^;)
とんでもないグループに入ったとか・・・。こんなに難しそうなことをしなくちゃ行けないのとか・・・。

水野先生の示してくださった内容には、校内の実践として先生方に示して使ってもらえるヒントがたくさんあった。早速、実践に生かしていきたい。個人的に、デジカメ動画の活用シーンを複数思いついたのは、大収穫。


2007年8月23日(木曜日)

校内研修会 道徳と指導案検討

カテゴリー: - tanapon @

夏季休業中第2回目の校内研修会。
午前は、道徳。
発問の作り方のレクチャーのあと、資料を読み発問を作るワークショップ。
難しい資料だが、資料の力もあるもの。
3グループに分かれて発問づくりのあと、短時間の模擬授業発表。
主発問の位置付けや問い方、児童の反応に対しての教師の切り返し方などの課題が明確になった。
そのあと、学級における指導計画作成について、話し合い。効果的に簡単な方法でという提案をしたが、理解していただくのに時間をとった。結局、趣旨は理解してもらい、継続審議か。
午後は、研究発表大会の指導案検討会。低中高学年部に分かれて協議、協議の結果をその後の全体会で共有して終了。その後、研究推進委員会を開催。研究大会までのスケジュールを決定。


2007年8月21日(火曜日)

長浜ラーメン

カテゴリー: - tanapon @

21-08-07_1244.jpg研修会終了。せっかくなので今日もやっぱりこれ。乗車前に博多駅前のビルの地下、 細めんがバッチリ。


2007年8月20日(月曜日)

博多にて

カテゴリー: - tanapon @

研修会で博多に来ている。11月にフィンランドに行く。その事前研修会。
国語・読解力というテーマ。
自分的には、情報や授業支援の立場から、さらに校内体制、読解力とメディアリテラシー、さらにICT活用の状況などについて、関心がある。その関心を書いて申し込んだら、バッチリフィンランド。フィンランドのふぃの字も書いてないのだけれど。バッチリである。

今日はそのメンバーが集まって事前研修会。研修の進め方について計画を立てる趣旨。
昼間は、時間ぎりぎりまで粘って検討しました。優秀なフィンランドグループです。
その後、せっかく集まったので、懇親会。初めて集まったメンバーなので、お互いのことを知り合うことから始めるのが大事。
ここでもやっぱりおばちゃんパワー。
(失礼。でもわたしのいうおばちゃんパワーは、とってもほめ言葉。あ、意味不明ですか。)
ともあれ、強力なメンバーであることはよく分かりました。

写真も撮って公開のOKもとったけど、写りがいまいち。新調した携帯のカメラはいまいち。今度から、デジカメを持って動かないと。

明日も継続で研修。


2007年8月17日(金曜日)

三徳山投げ入れ堂に登った

カテゴリー: - tanapon @

町教育研究会の研修会、三徳山に登り植生の話を聞いた。
気温の高い時期であり、心配したが、木陰がたくさんあり、案外大丈夫だった。
登るのは、何度目かになるので、コースは分かっているが、今回は、植生についての解説を森本先生がしてくださるのが、とても楽しみだった。また投げ入れ堂の修理が終わってから、登るのも初めて。
随所で、主に木々の説明をしていただいた。もともと、よく分かっていないのだが、それでも少しは、分かったような気がする。でも、やっぱり見分けがつかない。三徳山の植生がとても貴重なものであるということは分かった。
降りてから、文化ホールの移動。三朝町の文化財についての講義を地教委の担当者から伺った。町内勤務が長いので、分かっていることは多いけど、それでも新たに分かったこともあり、とても良い機会だった。
夕方は、地教委主催の親睦ボーリング大会。2ゲームやって、140台と110台。もともとそんなものだけど、やっぱり2ゲーム目は体力がなくなって、安定しない。毎度のことだけど。それにしても、同じレーンでさせていただいた教育長さんの1ゲームで7個のスペアには驚いた。しぶといというか、何というか。すばらしいの連発だった。
その後、翌日のサッカーの試合の準備があったので、あわてて失礼した。
三徳山投げ入れ堂


2007年8月16日(木曜日)

夏季全日校内研修会

カテゴリー: - tanapon @

お盆前後は、某原稿の締め切りを控えて気になりながら書きつつ、墓参りやら、子ども達の守やらで忙殺された。とっても気温が高い日に海に行った。県内でもとても水のきれいなところに行った。岩場もあり、小5の息子も年長の娘も楽しめた。日差しが強い中過ごし、昼過ぎに帰ってシャワーを浴び、ローションを塗ったが、それからしばらく、やっぱり、「痛い」よお状態である。

その「痛いよう」状態で、今日は、校内研修会である。
メニューは以下。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
8月16日校内研修会日程 会場:メディアルーム
朝の会(9:00〜9:20)
  研究計画と進捗状況の確認
  日程の確認
1校時(9:20〜9:50)
ICT活用「調べてまとめて伝える」番組視聴と意見交換
2校時(10:00〜10:45)
    情報テキストの構成を知り、指導内容の系統を理解する。
    テキストを利用した指導プランをたててみる
3校時(11:00〜11:45)
    スキップの活用 活用案を立ててみる
    コラボノートの活用 活用案を立ててみる
給食時間
4校時(13:30〜14:30)
    研究読書レポート報告会 一人3分×20=60分
5校時(14:40〜16:30)
    研究レポート検討会
帰りの会(16:30〜)
連絡等
放課後 校庭の草取り作業
———————–
まあ、給食はないしチャイムは鳴るわけではないけど、だらだらやるよりは、分かりやすくて良かったかな。

10月の研究大会に向けての内容も含んでいます。実践報告事例をブラッシュアップします。指導案は、来週の会で、検討します。
それで言えば、もっと早く大会当日の準備をと思われる方もあるかも知れませんね。でも、私なりに何とかなると思っています。それよりも、基本的なことや職員の共通理解を図ることの方が大事と思っているのです。

それまで暑い日でしたが、今日は研修なので、エアコンの効いた部屋にいました。
夕方の草取り作業時もさほど暑く感じませんでした。


2007年8月14日(火曜日)

暑いですね。

カテゴリー: - tanapon @

14-08-07_1341.jpg外気温38度です。


2007年8月8日(水曜日)

NetCommonsユーザカンファレンス2007

カテゴリー: - tanapon @

NetCommonsユーザカンファレンス2007に参加。会場は、学術総合センタービル。国立情報学研究所が入っているでっかいビル。りっぱな会議場もあり、すごいビルだった。

我が校では、xoopsを使って、公開WEBと職員の情報交換用WEBを構築し利用している。また、民間のいろんなサービスを組み合わせたり、校内サーバでも動作しているxoopsもあったりする。このxoopsをベースにして作られている、教育にぴったりのオープンソースのNetCommonsがある。本校のシステムをこちらに移行できないものかと考え、セミナーに参加した。県の教育センターにも、機器更新の機会にこの度導入されたらしく、今日の会場でも少しふれられていた。

セミナーでは、最初に、国立情報学研究所の新井教授から、NetCommonsの特徴、先進性を紹介された。
オープンソースであること。国立情報学研究所のプロジェクトが責任を持って開発していること。LAMP環境で動作すること。ブラウザだけで利用できること。直感的な操作性などがあげられた。これだけでも、安定的に管理者にもユーザにも使いやすいことがわかる。

NetCommonsの特徴として、トップページと、マイルーム、グループページの3つの概念があるそうだが、それらをうまく使うことによって、教職員、保護者、児童生徒、他校との交流など、それぞれにあった認証をするだけで、クローズドの情報共有に使うことができる。
本校で従来使っていたxoopsでは、別々のxoopsなので、別のログインが必要だったが、これならうまくいくかも知れない。

分科会では、小・中・高・特別支援学校、そして都道府県や地域の教育委員会の実践事例発表があった。事例の中には、従来のWEBを少しずつ移行して行かれたものもあった。

利用にあたっては、公開WEB用、職員の情報共有用、保護者との情報共有用、そして児童の学習用を想定して、モジュールを配置して、作り込んでいけばよいのかなと思う。
また、iframeも使えるようなので、外部のサイトも取り込むことができる。これは大きい。

レンタルサーバがあれば利用できるが、実験用には、knoppix for NetCommons もあるよう。古いマシンでもメモリを多少増強すれば、実験的に管理者権限を試してみるには最適のよう。

明日、新バージョンが公開される。
その先に予定されているバージョンも見せていただいた。
まさにWEB2.0 かっこよすぎる。


2007年8月7日(火曜日)

県道徳研究大会2日目

カテゴリー: - tanapon @

2日目。
午前中は、福寿先生の授業公開。6年生の子ども達が来てくれて、授業を展開。
生命尊重の授業。インパクトのある資料で、明確な指示と発問による展開はさすが。生命尊重の切り口はいくつかあるが、本時でねらいとするものは一つであるが、資料に含まれる要素は二つあると思った。そのあたりの展開の工夫が難しい授業だった。よく育ててある子ども達だと思った。
午後は、横山先生の「道徳指導のポイント」
今日指摘されたポイントは、4つ。
1)資料を読む 良く読む
2)中心発問を決める
3)反応をあげる
4)その答えが出るように前の部分を押さえる。
5)取り扱う道徳的価値について、学習しておく。
とっても納得。詳しいところを、よく考えてみたいと思った。
午後後半はシンポジウム。

明日のセミナー参加に備えて、最終便で羽田へ。
伊豆半島から東京上空にかけて、夕焼けを背景にした富士山の姿を見ることができた。この時期ならではか。

夕焼けの富士山


2007年8月6日(月曜日)

県道徳研究大会

カテゴリー: - tanapon @

鳥取環境大学にて開催。準備にも少し関わったけれど、参加者多数で、駐車場に困った。
今日は、第1日目。

午前中、永田繁雄調査官の講演。たくさんあった中に、今話題となっている道徳の教科化についての話もあった。評価・教科書・専科の3つのキーワードがあげられた。

午後は、分科会に参加。事例報告が一本。そのあとに、横山先生の講演を聴いた。楽しみにしていた講演。溜飲の下がる話が何点かあった。

一つは、小規模校では、人間関係力が育たないという偏見について。むしろ大規模校の方が育ちにくいということもあるという結論。小規模校だからという言い訳が流通している実態への警鐘だと思う。小規模校のメリットを生かそうという話。

二つ目に、総合や家庭との連携の話。
ここでも、目から鱗がたくさん落ちた。
○○といわれているけど、○○と思われているけど、それってできないでしょ。意味がないでしょ。って話。
確かにと思うこと。多々。
だからどうっていう話。

さらに、道徳では、
「聞く、考えさせる。考えて分かったことは絶対に忘れない。」
そのためのコツも伝授。
1)どこを考えさせるか。
2)どうイマジネーションを持たせるか。
資料をしっかり読んで考えさせることの大切さを今回も強調された。

また、心に響く」授業の要素
1)本物に出会わそう。
2)全く異質のものに出会わそう。
3)山を越えさそう。
 具体的な事例も示してもらった。

最後には、やっぱり道徳の授業の中身の話。これがなくっちゃ。

その中で、読む段階で、「ストーリー」と「登場人物の気持ち」の読み取りまでで授業を構成してはいないか。その先の、二つの「読む」をすべきだという話。
●道徳的な問題を読み取る
 例えば、過失に対しては、「謝る」ことと「弁償する」ことがある。それが大事。
●人間を読む
 例えば、簡単なことは、簡単に謝れる。身に余ることについては、簡単に謝れない。
 「そのときになぜ謝れていないのかと考えると、自分の身に余りすぎていることが分かる。」

思い当たることはあるが、整理できていないことがら、だからこそ。ご指摘に感じるところがある。具体的な事例で考えてみたい。

一日って長いけど、その中には、とても響く話もあることも事実。


2007年8月5日(日曜日)

札幌ラーメン

カテゴリー: - tanapon @

05-08-07_1133.jpgとんこつスープの塩バターって、自分には新鮮だった。麺はしっかりとした黄色い麺。移動途中の渋谷でお昼に頂きました。帰ってから新しい携帯でアップ。これくらいなら何とか使えるか。食後に本屋でフィンランド語のおもしろい本をGET。しばらく眺めてみることにする。


メディつきセミナー

カテゴリー: - tanapon @

第6回メディつきセミナーに参加した。
毎回工夫された仕掛けがたくさんあるセミナー。
内容の学びももちろんあるけれど、ワークショップ型セミナーのあり方としても大変参考になる。
今回も怒濤の流れの中で、大変濃い内容の進行展開の妙を体験させていただいた。
桑山さんと堀田先生との対談では、番組制作者の意図と番組の組み立てについて考えさせられた。模擬授業では名人佐藤先生の吟味された発問指示が冴え渡り、心地よい時間でもあり、そのポイントを改めて体験することとなった。その後の、ワークショップは分刻みでいつものように忙しかったけど、その中に繰り返し考えさせるためのポイントが埋め込まれていた。最後の堀田先生のまとめの話は、心地よく落ちた。マイクを持って会場内で対話、発問をしながら、スライドを使ってお話をされる堀田先生の動きは授業そのもの。圧巻だった。

今回は、模擬授業のねらいと工夫について着目し、参加者がそれについて気づいたことをワークショップの中で生かしていくという、かなり練られた構成になっていた。プログラムや数式でいうと、括弧がたくさん重なっている感じ。

準備・進行されたスタッフの皆様に感謝。

最終便で帰着。明日明後日は環境大学での道徳研修会。その足で、また上京の予定。
ともかく帰ってきてほっとした。

「最終便 お帰りなさいと 窓ごしに 迎えてくれた 賀露の漁り火」

↑ちょっと変えました。(翌日)

今年は海に行けそうにないか。


2007年8月4日(土曜日)

品川にて

カテゴリー: - tanapon @

ネットワークセキュリティの指針を作成するプロジェクトに声をかけていただき、品川会場での会議に参加。
2便で鳥取発。昨日は、台風の影響で鳥取発の便はすべてアウト。前日の中部の研修会においでいただいた笹原先生は会の翌日丸一日を鳥取で足止めとなり申し訳なく思う。それにしてもその一日をしっかりと研修日に当てられたのはさすが。詳しくは笹原先生のblogを。
今日の2便で笹原先生と同乗し、羽田でお別れ。少しの時間秋葉を散策した後、品川へ。駅前の喫茶店で月曜日からの県道徳研究大会の参加者名簿を整理しなおして、最終送信。作業にてこずり、会の開会に遅れるかとかなりあせった。結局5分前に到着。汗をかきながら名刺交換。
第1回の会議でようやくタスクを理解した。とても意義深いプロジェクトなので、今後が楽しみである。また、いってみると旧知のかたがた、そしてわからなかったけど、いろんなつながりがある方もあり、この世界やっぱり狭いよなってことを改めて思った。あとかいでは、学校内でどう振舞うことが必要かなんてことでも話が盛り上がった。
終了後チェックインしたホテルは、部屋にpcが備え付け。自分のマシンをつなぐこともできるが、あえてせずに、部屋のpcでやってみる。メールに関しては、主に転送のためと携帯からの閲覧のために使っているgmailだが、pcで使ってみると案外操作しやすく便利であることがわかった。
部屋にpcがあるってのはかなり快適。
明日は、めでぃつきに参加予定。これも楽しみ。


2007年8月3日(金曜日)

算数ICT活用

カテゴリー: - tanapon @

熊大付属の宮脇先生が県教育センターの講座においでになった。楽しみにして参加した。
自作のflashコンテンツは魅力的だが、それを使ってどのように授業を組み立てるのかが、自分の最大関心事であった。授業作りのワークショップもたっぷりと時間がとってあって、グループ内の話し合いもとても刺激的で楽しいものだった。算数の講座なので、算数の特性を知っておられる方が参加している。その上での話し合いなので面白かった。改めて算数って面白いと思わされた。また、ICT活用にありがちな引っ張る授業展開ではなく、じっくりと考えさせる自力解決の時間をとりながら活用する展開もできることがわかり、大きな収穫となった。


ICT活用指導力調査速報

カテゴリー: - tanapon @

ようやくでた
示唆に富むものである。


2007年8月2日(木曜日)

笹原さん来鳥

カテゴリー: - tanapon @

中小研情報教育部会夏期研修会を開催。
メイン講師に笹原先生@富山をお迎えした。もう一人の研究幹事の山脇さんがいい仕事をしてくださっている。損コーディネートのもとに、笹原先生をお迎えしている。

午後開催に向け午前中準備。
午前出勤。県水泳大会のための集計ソフトの修正を多少。あとは、校長先生にお願いした。
ワークショップのでっかいワークシート印刷に手間取る。
準備会に参加。笹原先生や幹事の先生方と打ち合わせ。昼食は近くのルアウにて久しぶりのロコモコ丼。

予定以上の60人近くの参加者を迎えた。中部だけでなく県内に案内し、多くの参加者を得た。これも広く呼びかけることに賛同してくださった部長さんのおかげ。

最初は完田さんの実践発表。本校から転勤してからもがんばっているのがよくわかった。続いて、わかる授業のためのICT活用というタイトルで、笹原さんの模擬授業。大きく移すことの効果と意味を中心に、説得力ある語り口で授業を展開された。参加者の反応も上々。内容もとてもよくわかるものだった。

続いて、授業でのICT活用のワークショップ。ざっくりとした課題提示と時間配分にも関わらず参加者の先生方の熱心な取り組みがうれしかった。お題は、ランダムに配られた教科書の素材をOHC等で映すことを前提に初門のセットをとりあえず3つ考える。その後で、一つのおすすめについて授業案を練るというもの。授業案を作る時間や発表時間もタイトなのだが、楽しんで取り組んでくださったように思う。このような様式の研修は最近増えているが、ここまで時間で追い込むのはそうないかも。
体験した後でその謎解きを含めて、まとめを笹原先生に。
具体的なICT活用の事例とともにその基本的な考え方を示してくださった。

後半に入り、谷田さん@泊小学校の実践発表。ICTを使いながら子供たちに追求する力を付けるための様々な取り組みを紹介いただいた。その後、私の方で、情報モラル学習のためのコンテンツをいくつか紹介。

最後には、笹原先生の総合の取り組みを聞いた。
題材の見極め方から、総合の考え方、総合を通しながら子供たちにつけたい情報の力をどのようにして意図的につけてきたか、校内の先生方にどのような働きかけをしてきたかなどをお話しいただいた。

内容の充実度、濃いさ、そして参加された先生方の反応を考えると、よい研修会ができたと思う。個人的には、課題は残るけど。

夜は懇親会。貴重な情報交換。

今日から交流のために出発した中学生の娘。台風の影響が心配だったが、webによると無事ハワイに向けて離陸したらしい。元気で、よい体験をしてきてほしい。


49 queries. 0.139 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2