ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 3
昨日 : 1515
総計 : 215878215878215878215878215878215878
平均 : 5252


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年10月30日(火曜日)

メール環境激変

カテゴリー: - tanapon @

先に携帯のメールのことを書いたが、ここ一年でメール環境が激変したので記しておくことにする。

メールが携帯でチェックできるようになったこと。
さらに、任意のアカウントで送信ができること。
これらが同期していること。

それを支えているのが、
何といっても、gmailの進化。オプションが増えて、いろんな使い方ができるようになっている。スケジュール管理もはじめてWEBでできるようになった。PCでも携帯でも読み書きができるのである。これは、かなり大きな変化だ。

gmailだけでもかなり使える。加えて、転送機能やウイルスフィルター機能もありがたい。転送先に、職場のアカウントを指定すれば、外部メールポートが制限されている職場からは、通常のメールソフトで、利用できる。まあ、それを使わなくても、直接gmailのWEB画面から利用すればすむ。でも、メールソフトの便利さがあるので、それを使っていた。
今回、訳あって、gmail画面を直接扱うようになったけど、かなり使いやすい。
下手にソフトを使うよりいいかもしれない。

今年の進化は、携帯対応。Gmailも携帯に対応させることができるし、利用しているレンタルサーバのメールアドレスも携帯で読めるように仕様が変わった。これは、歓迎すべきことである。通常はPCでメールを読む人が、携帯で読みたいときにチェックできるのは、とてもおきいことだと思う。私も、出先では、携帯で、PCのメールをチェックすることがある。それが習性として良いことなのかどうかってのは、議論のネタだとは思うが、実際に読みたいことがあるので、それが携帯で読めるのは、大きい。
この仕様は、2年くらい前では、実現するのはかなりマニアックな世界で難しかった。
今年になってから、簡単にできるようになってきた。とても大きな変化だと思う。


携帯のメールサーバ

カテゴリー: - tanapon @

ソフトバンクの携帯を使っている方から、MLのメールが入らないといわれたことから、調べてみた。MLの設定は間違いない。インターネット経由のメールを送ってみると拒否されることがある。届くこともある。
携帯のメール設定を疑った。

調べてみるとおもしろいことが分かった。
ソフトバンクの携帯メールの仕様として、インターネットや他社携帯からのメールは、サーバには120通しか蓄積できない。それ以上は、受信拒否される仕様になっている。また、通常の携帯メール受信では、常にサーバにはメールを残す設定になっているようで、何もしないと常にサーバーにメールがたまっている状態になるようだ。一日に一回、自動的に古いメールを削除して空いた隙間にたまにメールが入ることもあるようだ。携帯端末のメールを削除することとサーバのメールを削除することは、通常連携していないみたい。
自分が使っているドコモの携帯メールは、サーバにためるということがないと思うのだが、このソフトバンクの仕様には、驚いた。通常のインターネットメールのメールサーバの動作を理解していないと、この仕様は理解しがたい。どんな使い方を想定してこのような仕様にしているのかなと思った。
PCでも閲覧できて、携帯で閲覧しても、サーバからは削除されないという使い方なら分かるけど。そういう仕様なのかな。それなら分かっている人からは便利な機能だ。

また、メールが入ったら携帯にはメールが入ったという通知が入り、必要ならサーバに読みに行くという仕様になっているみたい。だから、未読のメールも既読のメールも何も操作しなければ基本的に、サーバにたまっていくことになるらしい。
購入時のデフォルトの設定では、メールが入らないという状況がおこっても仕方がない。一般の人には、わかりにくい仕様だ。


USBメモリ取り外し

カテゴリー: - tanapon @

校内職員マシンで、USBメモリ取り外しのための、通知領域に表示されているはずのアイコンが出ていない現象が起こった。以下の対応をとった。メモしておく。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「スタート」->「ファイル名を指定して実行」に
rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll
「タスクバーに [取り外し] アイコンを表示する」(WindowsMe/2000)「デバイスコンポーネントを表示する」(WindowsXP)
にチェックを入れて、[閉じる] をクリックします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これでも、表示されなかったけど、この画面から取り外し手続きがとれるので、上記のパスをショートカットに登録して、クイック起動領域にアイコンとして表示しておいた。


2007年10月28日(日曜日)

USBデバイスサーバー

カテゴリー: - tanapon @

こんなものを購入した。
サイリックスUSBデバイスサーバ。これです。買ったところはちがうけど。もう少し安いのや無線に対応した少し高いものもある。他社からも類似のもがでている。これは、有線でつなぐもの。これにUSBHDDやプリンタをつなげばネットワーク上の複数のPCから利用できるというもの。同時利用はできないけど。家のなかで、ネットワークファイルサーバをPCで構築しなくても、単なるUSBHDDをつなげば即、ファイルサーバになる。これっていいなあ。
まだ設定がすんでいないけど、USBハブをつなげば複数のデバイスも使えるみたいなので、時間をとって試してみたい。わが家では無線LANも使っているので、どこからでもノートパソコンからいろんなデバイスが使えるのは便利。


2007年10月26日(金曜日)

マシンが壊れたって・・・

カテゴリー: - tanapon @

どうも最近、週末にならないと書けない時がある。
毎日少しずつでもと思うのだけれど。書いておられる皆さんすごいね。

さて、今週は、音楽会あけの一週間だったけど、それでも行事が目白押し、入れ替わり立ち替わりいろんなことがはいっている。学校公開も2日あった。加えて毎日何らかの出張やら会議が入っているので、その補教も必要。それを前提にして学校を回さなければならない。級外もどたばたの一週間だった。

そんな中、今週は二つのマシンがお亡くなりになった。

一つ目、某担任さんの校務用マシン。全職員に共通で配布してあるもの。
動かなくなったといわれて、よくよく調査。それに2時間。とりあえず、必要そうなデータをレスキューした。
で、結論、ハードディスクは生きているが、多分マザーが逝ってしまったと判断した。翌日に授業研で使うとのこと。その上に、データを本体に持っているそうな。(サーバに入れておけばバックアップがあるのに)
そこで、私が使っているマシンに彼のハードディスクを換装して、お渡しした。これは、彼が職員室にいない時間に行ったことなので、彼は、単に、もとの状況に戻ったという程度にしか感じていないであろう。
闇雲にメーカに出せば、2週間くらいは、使えないし、データもとんでいただろう。
そんなことは、なかなか理解してもらえない。

ましてや、マイマシンが使えなくなっていることなど。分からないだろう。
まあ、普段持ち込んでいるマシンを、つないで使えばいいことのなのだけど。常設していなかったので、少し設定が必要だった。まあ少しなれて、自宅と職場での切り替えもうまくできるようになった。これが、きっと他の地域では当たり前のスキルなんだろうなと思った。
そういう意味では、環境が整いすぎると、先生方のスキルが育たないってのももあるなと思った。

二つ目、放送室で校内放送用の音楽を出しているPC、他校からもらったPCをwin95で動かしていたが、どうも調子がおかしく、今日よく見たら、HDDが壊れかけている危ない状況と判断した。
分解して、データだけでもと思ったが、HDDを取り出して覗いてみたけど、うまくコピーできないファイルもある。これは、もう限界状態。
結局、救い出せないファイルもあったけど、バックアップしてあったものと合わせて必要なものを再構築。マシンは、別OSが走っているものを持ってきて、データだけ移植。何とか動くようにした。

そんなこんなで、昨日今日のわたしの机の上は、ばらしたデスクトップマシンやノートパソコン、妙なケーブルや生HDDが複数散乱している状況で、それを放置して、授業に出ている時間もありってなことでした。


2007年10月21日(日曜日)

情報モラルとメディアリテラシーの未履修

カテゴリー: - tanapon @

もっと広く言えば情報教育の未履修ということだろう。

以下、ある会で、いろんな立場の方がその立場でいろんなことを言っておられるのを聞いて、思ったこと。結局、これは複数の未履修問題ではないか。
その学校の教育課程ににあるのかないのかの厳密な定義の議論はあろうが。
いくつかを書いてみることにする。

以下続く・・・

(続き…)


全山陰少年サッカー中部予選第1日

カテゴリー: - tanapon @

今日はリーグ戦。厳しいリーグに入った。
うちの子は5年生なので、サブで時折出してもらえる程度だけど、チームでどうってのがやっぱり大事。
初戦から厳しく、0−0でPK、惜しくも落とす。2戦目は強豪チームとの対戦、これも1−1でPK戦となったが、ものにした。これが大きな勝ちだった。4チーム中3チームが相互に同点でPK戦となり、その結果が、大きく響いた。最後は得失点差での勝負となる可能性もあったが、結局、PK戦も含めての勝ち点での勝負になった。
どのチームも力をつけてきており、侮れない。どこが勝ってもおかしくない状態。子ども達ってすごいなと思う。
勤務校チームもがんばり予選突破した。来週は、決勝トーナメント。決勝で会いたいものだ。
子どものおかげで楽しませてもらっている。


2007年10月20日(土曜日)

メディアとの接し方フォーラム

カテゴリー: - tanapon @

第3回になる会。地元の会場で開かれ、参加した。県教委家庭地域教育課の事業。
内容は、それぞれの立場での実践が聞かれ、有意義な会だった。高校生の発表もあり、「携帯は高校生には必要ありません」というきっぱりした発言があり、発言が、会場で受け、その姿勢が好意的に受け取られていた。携帯を持っていない自分を絶滅危惧種だなんて言っていたけど、それはアメリカでは当たり前だということも、後に指摘されていた。本校の卒業生でもあり、その姿がうれしかった。
竺原さんも鳥取の実践発表をされ、しっかりした内容だった。それぞれの立場で何をしなければよいのかを考えるために参加したが、下田先生の話でそのあたりの切り分けをしっかりすることというのが、一番頭に残った。
会の構成はと考えると、家庭地域でできることという視点での会なので仕方がないかも知れないが、じゃあ学校教育ではどうなっているのと、だれもが思うような内容だった。コーディネータの先生が最後に教育長さんにふられたのも当然の流れだと思った。実際には、学校の実態はお寒いものだと思う。そこをどう埋めていくかが大事なのだけど。事例発表に学校の授業での取り組みもあっても良かったように思う。
縦割り行政の実態を見た感がする。


音楽会終了

カテゴリー: - tanapon @

昨日、本校の音楽会だった。どの学年の演目もすばらしく、やりきった子ども達も満足したに違いない。級外として裏方のサポートに徹した。一つの行事や指導を進めるときには、その裏側でいろんなことが行われいる。それは授業づくりでも同じだ。いろんな実践を見るときに、指導者が授業時に行っている表面的なふるまいや子どもとの関わり方は、目につきやすい。しかしそれはほんの一部分であって、その背後には様々な意図や仕掛けが隠れている。
そういうものに目がいくかどうか。これからも自戒していきたい。大切な視点だと再認識。


ユーザレベルが・・・

カテゴリー: - tanapon @

しばらくこのBLOGが書けなかった。何と書き込む権限がないと言われてしまった。
管理画面にも到達できない。これは困ったことになったと数日悩んでいた。SQLサーバのデータベースの管理画面をいろいろと覗いてみると、管理者である自分のユーザレベルの数値が下がっていた。これを強制的に書き換えてみると、ようやくBLOGの管理画面が表示されるようになった。どうしてこうなったのか、原因不明。しばらく様子を見よう。


2007年10月14日(日曜日)

鳥大付属小中学校研究会

カテゴリー: - tanapon @

鳥大付属小中学校の研究会が、11月22日に開催される。昨年参加させていただき、授業の質の高さに多くを学んだ。
今年の会が木原先生のBLOGに紹介されている。私自身は、この時期いないので、参加できないのが残念。


2007年10月11日(木曜日)

さんまの蒲焼き

カテゴリー: - tanapon @

11-10-07_2017.jpg今年は、9月からサンマが出回っており、しかもおいしい。何度も食べたが、ほとんど塩焼き。またはおさしみ。蒲焼きは家ではしたことがなかったので、今日はチャレンジ。いつも買ってくる一匹100円程度のサンマを使って。蒲焼きってどうやるのってことで、いつものようにクックパッドで下調べ。サンマは、三枚におろしました。食べやすい大きさに切って、片栗粉をまぶしました。熱したフライパンに油を入れ、サンマを投入。両面を焼いてかりっとしたところで、一度取り出す。たれを作る。砂糖、酒、醤油、みりんを適量合わせる。これを、きれいにしたフライパンに投入、しばし沸騰した中へ、サンマを戻して、裏表にたれをなじませる。以上できあがり。始めて作ったにしては、結構評判だった。そのままでもいいけど、ご飯にのせてサンマの蒲焼き丼もおいしかった。


2007年10月10日(水曜日)

セミナーと日常

カテゴリー: - tanapon @

連休の後半2日、横浜のセミナーに参加した。
模擬授業は、おもしろかった。よくお話を聞いている先生方であったが、あんな形の発表を聞けて幸せであった。何ともスリリングな展開でした。

中川先生のお声かけで、発表と一部の進行に関わった。発表に向けて実践を整理していく過程は、自分の勉強になるし、進行に関わることもいろんなものの見方を広げることになる。機会を与えてもらったことに感謝である。
校内研究の場面でもいろんなコーディネートをする。自分自身が実践について考える場面もたくさんある。いろんな実践について、その意義を検討しお互いに見えるようにしていくことが基本だと思うようになってきた。大きなセミナーでも、一つ一つの発表をどう見るか、どう伝えられていてどう受け止められているかってのも、大きな要素。質問も、自分自身の関心もあるが、質問することによって会場の方々の聞いている前で、論点を明確にする意味もある。

本校の研究会の折にも、素敵な質問をしてくださる方があった。研究実践の本質を突いた質問でとてもありがたかった。そのような質問ができるような力をつけたいものだと思っている。

ここのところ土日に出かけることが多いが、帰ってきてから、日常の実践や職場のみんなとの活動に戻るときに、土日の感動をどう伝えたらよいかと考えることがある。実際に見聞きしていない人に伝えるってのは、とても難しい。下手に伝えても、うまく理解してもらえなくて、逆にフラストレーションになることもあるので、伝え方には気を遣っている。

それにしても、今回の横浜は、運営の方々の熱い思いに感動した。自分もいくつかの運営経験があるが、作ったり運営したりするのは、難しい面がある。でも、仲間と作っていくって言うのは、他に代え難い充実感をもたらす。

スタッフの皆さん。ほんとにご苦労様でした。


X31の160GBHDD換装

カテゴリー: - tanapon @

どなたか、うまくいった人いませんか?


2007年10月9日(火曜日)

レボノ System Update

カテゴリー: - tanapon @

IBMのX31を使っている。今はレボノだけど。結構今でも使えている。いっぱいいいところがあり不都合もない。最新ではないけどもう少し使い倒そうと思う。HDDを換装して、100ギガ近くにしているのだが、もう少しと思い。160ギガを購入。問題はその換装。うまく認識しないではないか。
バイオスか何だろうと思いながら、いろいろと調べている最中。レボノのバックアップソフトがあったり、システムアップデートのプログラムがあったりなど、旧IBMの厚いサポートを再発見。
システムアップデートを更新してみる。自動で必要なものをやってくれるみたい。これって結構ありがたい。

さ、換装はうまくいくのだろうか。先は長そうな予感がする。根本的にHDDの壁がありそうな気もする。さて対応してくれているのだろうか。


2007年10月8日(月曜日)

中華街市場通り

カテゴリー: - tanapon @

08-10-07_1224.jpg中華街の「市場通り」のリーズナブルなお店、三蔵法師じゃなくてそんな名前、を教えていただき、行ってみた。あっさり柔らかくとっても安心できる味。おいしかった。中華料理のイメージが変わった。
午前は、パネルのあと模擬授業、岩崎先生・前田先生とDproメンバーの模擬授業はさすが。午後は、校務関係のセッションに、一つ一つは珍しくはないが、各地での状況がよく分かった。本当にその状況に合わせながらも先には何を見つめてどのように走っていけばよいのか。難しい。一人で走るのは簡単なんだけど。


2007年10月7日(日曜日)

パシフィコ横浜

カテゴリー: - tanapon @

07-10-07_1159.jpgネットデイフォーラム2007in横浜に参加。スタッフの熱い思いに支えられた素敵な会だった。コラボノートの実践を発表。合わせてセッションの進行を担当させていただく。勉強になった。
近隣の施設もすごいけど、パシフィコ横浜全体もそうだしその会議場もすごい会場でした。隣の建物は、モー娘会場でした。


横浜ランドマークタワー

カテゴリー: - tanapon @

07-10-07_1116.jpg桜木町駅よりアプローチ。見上げてしまいます。高いです。


2007年10月6日(土曜日)

サッカー日和

カテゴリー: - tanapon @

06-10-07_1322.jpg


2007年10月4日(木曜日)

公開研終了

カテゴリー: - tanapon @

3年間の研究の公開研が終わった。年度途中の研究会開催なので、あと後半に向けてのキックオフの意味合いも強い。ともあれ、たくさんの方のお世話になって、よい公開研になったと思う。
準備や設定、内容などには、至らなかった点がたくさんあるけれど、それでもやった値打ちはたくさんあったと思う。

○11本の公開授業(普通学級全て)
○本校職員を壇上に上げてのパネル…中川先生の見事なコーディネートで本校研究の意義と課題を明確にあぶり出してくださった。フロアからの意見を吸い上げる手腕は見事。壇上の本校職員にとっても、すばらしい機会となった。
○中川先生の講演…本校の研究の意義を示してくださると同時に、今後の方向を示してくださった。フロアの方にも分かりやすい話だったと思う。

キックオフだ。後半に向けてがんばろう。
校内的にどんな変化が生まれるか、楽しみだ。


2007年10月3日(水曜日)

彼岸花

カテゴリー: - tanapon @

03-10-07_1709.jpg稲刈り後のたんぼにて


53 queries. 0.078 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2