ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1313
昨日 : 1313
総計 : 212992212992212992212992212992212992
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2008年1月31日(木曜日)

JRで東京へ

カテゴリー: - tanapon @

31-01-08_0716.jpgセミナーのため、JRで東京へ。天候が心配で飛行機はやめた。途中の智頭は雪です。結局この選択が大正解。普段は飛行機デイ行き来しているが、天気予報を見て、ひょっとしてと思い、今回だけはJRに切り替えた。結果、打ち合わせに少し遅れたが、もし飛行機だったら、打ち合わせもできなかった。鳥取空港に到着する1便が1時間半上空待機。地上では、急な積雪のために除雪が間に合わなかったらしい。また、機体が降りてからも雷を3発食らった機体整備のためにさらに出発が遅れたとのこと。これに乗っていたら、午前中ずっとドキドキしながら過ごしそのあげく、打ち合わせなしに会場入りするところだった。
セミナーは、NIMEの会。昨年は、一参加者として参加し、皆さんのプレゼンを拝見する立場だった。どの発表もタスクを理解した方々によるすばらしいものだったという会の様子は鮮明に覚えている。今年は、プロジェクトに声をかけていただき、登壇する機会を頂いた。自分の発表内容はそんなに珍しくもないと思うが、会の意図に合わせた趣旨の発表を心がけた。発表時間は8分の予定。ほとんどぴったしに収まった。自分でもびっくり。ほっとして、会場から聞く立場になって聞いた発表は、これがまたすごかった。夜は、一緒に行ってくださった同僚と一献。


2008年1月28日(月曜日)

TRAIN

カテゴリー: - tanapon @

何の名前だろうと思われるだろうが。

メディア教育開発センターによる「教員研修Web総合システムTRAIN」が、公開された。
TRAIN(Teacher’s Resources for Appling ICT at NIME)
全国の実践者が、活用事例を報告している。
このシステムを使って研修することが可能となっている。
私も今のところ3本の事例をあげている。
ぜひ検索してみてください。


2008年1月22日(火曜日)

多分最後の保育所参観日

カテゴリー: - tanapon @

職場で話していたら、某お姉様に、それってBLOGに書く?と聞かれ、「書きませんよお」なんて答えたけど、「それって、書けってことかなあ」と思い直し、書いてみます。>某お姉様。

保育所年長の娘の参観日があり、午前中年休をとり参加した。この子の卒園で保育所ともお別れで、最後の参観日となりそうな予感。一番上の子が生まれてから、ずっとあちこちの保育所にお世話になっているが、それも3月まで。ずいぶん長い間保育所の保護者をしていたことになる。

年長組のメニューは、二つ。
一つは、進藤ゆかりさんのリズム遊び。
もう一つは、ビニールのぐにゃぐにゃたこづくり。

進藤さんは、マルチプレーヤーであり、ずいぶん前にわたしの結婚披露宴の司会をしていただいた方。勤務校にも来ていただき、子供達に素敵な時間をプレゼントしてくださったこともある。
たくさんの持ちネタがあり、どれも参加型。参観日ではなく参加日だといっておられたけど、その通り。保護者も一緒に相手にし、歌遊びや手遊び、リズム遊び、BGM付きの朗読と、豊富なメニューとアドリブで、参加している保護者や子供達をコミュニケーションを図ってくださった。参加している保護者もうまく使い、前に出して、進行された。顔を知られているので、ひょっとしたらと思っていたけど、それ以上にキャラの強烈な方がしっかりとおられて、前に引っ張り出されて場を盛り上げてくださった。
多彩な持ちネタを使って、受容的なコミュニケーションを図りながら、子供たちや保護者に伝えたいことを、伝えておられた。やっぱりうまいなあ。テンションの高さもさすがである。
今回は、保育専門学院の先生という立場で、依頼されおいでくださっているので、その視点での構成がしっかりなされ、伝わってくるものがあった。
子供達にも保護者にも、必要なことは、楽しい雰囲気の中で優しい顔をしながら、ビシッと言っておられた。
楽しい一時を過ごさせていただいた。
子供達も大好きである。

その後、親子で、たこづくり。
子供達は、和紙のたこづくりを経験しているとのことで、それを体験させていただいたことに感謝。今日は、実際にあげることのできる丈夫で簡単なたこを作ろうということで、親子で制作。短時間であったが、隣の旧小学校校庭でたこ揚げを楽しむことができた。
いろんな思いがあってこのような教材で体験をすることを意図してくださった先生に感謝である。

つくづく、うちの子供達は、保育の質に恵まれてきたと思う。ありがたいことです。
公立なんだけど、質は高いんです。
場所によって、いろいろあるみたいですが、少なくともこの地域では、この質を保って継続していただきたいものです。


2008年1月20日(日曜日)

チャーリー・マフィン

カテゴリー: - tanapon @

ブライアン・フリーマントル著作のなかで、魅力的な人物である。
すでに多くのチャーリー・マフィンシリーズが出版されている。
本棚の中を見てみたら、そのほとんどがあった。
先日から、一部を手にとって、再読をしている。
一番古いものは、昭和54年発行で61年16刷の文庫本である。
シリーズを読み始めて20年以上たったことが分かる。
ほとんどは、一度読んだきりであるので、再読して、その魅力を再認識した。

ジャンルとしてはスパイ小説なのだが、単にそれに収まらない魅力がある。
主人公のチャーリー・マフィンは、見た目は中年の風采のあがらない男である。
活動する中で見せるその人間くささとともに、切れ味鋭い判断は、読んでいて爽快である。
現実の世界ではなかなかそうはいかないだろうと思いながらも、話の組み立てに引き込まれてしまう。
また、再読して気づいたのが、世界各国の(当時の)状況や各地の描写である。
中には、日本を場として展開するものもある。
若い頃に読んだときには分からなかったけど、読み直してみると改めて思うこともある。

本棚の整理をして、シリーズを順番にならべてみた。
調べてみると、あと二つの話が出版されていることが分かったので、おいおい読んでみようと思う。

アマゾンにリストがあった。
リストマニア「チャーリーマフィン」


2008年1月18日(金曜日)

Gmailのもう一つの使い方

カテゴリー: - tanapon @

職場では普通、職場用のメールしかとれないようになっている。
ところがこれがまた、最近スパムメールが多いこと。それもサーバでは対処してくれていない。

こんな環境にお困りの方も多いだろう。
ところがGMAILの機能を使うと、これが解決できるようになる。

GMAILで他のPOPアカウントのメールもとってくることができる。しかもGMAILのスパムフィルタにしっかりとかかるのである。

今までも訳あって、職場からはGMAILを使っていたけど、これは便利。
転送をかけずとも、複数のアカウントも一度にチェックできる。

使い倒している人にもそうでない人にも、おすすめです。

試してみたいけどよくわかんないって人は、どうぞご連絡ください。


2008年1月8日(火曜日)

学校CMS

カテゴリー: - tanapon @

鳥取でとんでもないことが起こっている。
学校CMSを県が各校分を作成し、研修会も行った。
各校からの情報発信は格段に行いやすくなった。

この環境を作った上で、各校のWEBでの情報公開にどんな変化が起こるか。
とても興味深い。

大きな研究のテーマにも成り得る。


2008年1月7日(月曜日)

中小研情報教育部会冬季研修会

カテゴリー: - tanapon @

冬休みに開催するのは珍しい。
昼前に会場校に行って、打ち合わせ。昼食は久々のひるぜん食堂。
1時開会
前半はネットコモンズによる学校WEB立ち上げについての実習。
後半は徳島の中川先生による校務情報化に向けて、情報主任として何をすべきかというレクチャーとワークショップ。多くのデータを元に説得力のある話。ワークショップも充実。
終わってから一献。

私もようやく起動できた一日だった。
帰ってからメール処理。皆さんも動き出したみたい。
ようやくいつものリズムが戻ってきた。


2008年1月6日(日曜日)

ようやく始動

カテゴリー: - tanapon @

三が日以降もだらだらと過ごし、これではまずいとようやく始動。
せっぱ詰まってしまった某原稿に取りかかる。
構想と素材の準備はしていたので安心していた。
昼前から取りかかってようやく形になり、確認と指導を頂くためにメール送信。
明日が締め切りなので何とかなるだろうか。
今年も綱渡りから始まってしまった。

だらだらと過ごす中には、長編の本を一気に2冊読むこともでき、それはそれで良かったかなと思う。


正月東京にて

カテゴリー: - tanapon @

1日から3日まで子どもと東京で過ごした。
正月に子どもと東京で過ごすことはそうないと思うので、どんなところに行ったのか書いておくことにする。
1日は、すでに書いたとおり、明治神宮・東京タワー・国立競技場でサッカー天皇杯。
2日は、日本橋のホテルから隣の某有名デパートに行き福袋を購入しホテルから即宅配便で家へ。お茶の水にあるサッカーミュージアムへ、JFA本部に隣接していた。遅い昼食をとってから、上野公園へ。閉園ぎりぎりまで駆け足でまわり、浅草へ移動。雷門と仲見世通りを通って浅草寺へ。とてもにぎわっていた。正月のお祭り気分を味わった。近くの回転寿司でお寿司を堪能。日本橋のホテルへ。
3日は、ちょっと遅めに出発。電車を乗り継ぎ、葛西臨海公園の水族館へ。マグロの回遊とたくさんのペンギンが魅力。ゆったりと過ごして遅めの昼食後、水上バスでお台場へ。天気も良く臨海の風景を楽しみながら移動。夕方近くなって、大江戸温泉物語にて、まったり。入場してから浴衣で過ごし、手形と呼ばれるバーコードチケットにて全ての支払いを一括するシステムで飲食や遊技、おみやげも簡単に。たくさんの飲食店や休憩室があり、風呂上がりにゆっくりと楽しむことができる娯楽施設になっていた。宿泊もできるみたい。予定通り7時には、出発。夜景を見ながら移動。8時45分浜松町発の高速バスに乗車。翌朝、8時前に無事帰着。
高速バスでの移動は、やっぱり大変だったけど、昼間の時間を有効利用できたのは確かだった。
都内の移動には、メトロを主に利用。一日券を使ったがかなりリーズナブルだった。メトロと都営地下鉄の違いが未だに分からない。誰か教えてくだされ。
帰った翌日はへろへろで何もする気が起きずごろごろしてしまったけど、中身の濃い3日間だった。
普段仕事で東京に行くときには、あまり行かないところばかりだったけど、多少の地理感覚や時間感覚は役に立って動けたみたい。


2008年1月1日(火曜日)

元旦は天皇杯

カテゴリー: - tanapon @

あけましておめでとうございます。
年末は、原稿に追われ、年賀状の手配もできず。(かみさんの分は作ったけど。)
31日の夜に、息子と夜行バスで出発。
予定の朝7時前どころか、6時に浜松町に到着。
そんなに早く着いてどうするの?
とりあえず近くのハンバーガー屋さんで腹ごしらえ。
予定の某有名チェーン店を24時間営業ということでチェックしていたのだが、お店は、実は席がなかった。(^^;)

今日の動きは、都内の地下鉄で。ということで、大門で、大人500円、子ども250円也の一日乗り放題券を購入、荷物をコインロッカーへ。
その後予定を繰り上げて、明治神宮へ初詣。日本一お客が多いらしいということで、焦ったけど、案外すいていた。8時半に、明治神宮を離脱。大江戸線をバックしして、赤羽で東京タワーへ。自分も実は久しぶり。今日はとてもいい天気で、積雪の富士山も見えた。おやつを食べてから、大江戸線で国立競技場へ。着いたら、天皇杯女子の部が始まっていた。
チケットは、単に、大画面が見えるだろうということで、アウェイの自由席をとっていたけど。どちらのチームがそうなのか知らないまま。
行ってみたら、アウェイは鹿島だった。
そこへ来て我が息子、「広島がいい。」おおい。どうすんだ。
仕方なく、鹿島のゴール裏近辺へ。
直近のゴール裏は、真のサポータで埋まっていたので、ちょっと外れたゴール裏へ陣地をとる。
それでも結構濃い、サポータ席。知らん顔で、過ごしていたが、チームの応援がすごい。
いつも不思議に思っていたチーム旗を持ち上げるときに、その下はどうなっているのだろうと言うことなのだが、やっぱり想像通りだった。我が子もフラッグに手をかけて持ち上げてみた。
休憩に裏へ出てみると、バックヤードには、「サンフレッチェ広島のグッズを身につけている人は通行禁止云々」という表示。どうなんって、警備員さんに聞いてみたら、やっぱり、危ないらしい。良かった。サンフレッチェのユニフォームを買って入らなくて。

試合は、普段テレビで見るのとはちがう視角で見えてとてもおもしろかった。
でも選手の顔は見えないのね。
全体の動きはよく見えておもしろい。
何でファウルなの、ってのは、分かりません。

だめ押しの柳沢からのクロスがゴールにつながったのは、一番いい角度から見えました。テレビの角度では、分からないことです。で、思ったのが、何で、あそこに出したのだろう。

それにしても、両サポーターの応援はすごかった。
応援を見に行ったみたい、
おもしろかったですよ。


33 queries. 0.070 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2