ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1010
昨日 : 1818
総計 : 212453212453212453212453212453212453
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2008年6月30日(月曜日)

WEB入力による調査のポリシー

カテゴリー: - tanapon @

「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」が今年もあり、締め切り間際になって今日あわてて入力した。
今までとの違いがあった。
1.質問項目がシンプルになっていた。機器に関しては、本当に必要な教室用のPCの台数、校務用のPCの台数など、項目がしぼられていて、ややこしいサーバ等に関する質問がなくなっていた。ICT活用指導力の入力も、職員分類がなくなっていた。このようなシンプルさは大歓迎。
2.入力用のWEB画面が今までとちがうものになっていた。表形式になっていて、合計などを目視で計算しながら、入力できる。格段の変化だ。いままでは、合計がちがうとエラーが返ってきて、どこがちがうのかを見つけ出すのに一苦労したものだが、とても分かりやすくなった。
結局、入力するひとにとって、優しいシステムになっている。校務の情報化のよい面が出ている。
きっと、いろんな意見があって改善されたのだろう。
データを入力したら、あとは、どう結果を処理するのかは、集計側の問題だから、入力側にとって入力しやすいのが一番だ。
入力の確認画面も出るし、途中保存のボタンもある。最初から修正することもできるし、数値のチェックもはいる。また、最後に印刷用の画面も用意されている。WEBアンケートして、昨今は当たり前だけど、ユーザを考えた作りになっている。
※どこのサーバを使っているのかなと、whois で調べてみたら、おお・・・でした。

一方、先日お手伝いした保健関係の調査入力画面は、PDFを使っているので、紙出力をどうしても念頭に置いているらしい。そのための、システム設計になっているみたい。それを使って入力するのは、なれていない人にとっては、とても難しい。
校務の情報化にむけて、敷居が高いシステムになっている。
有る意味、まだこなれていない感じがする。

これらは、調査システムの仕様を決める人の、校務の情報化に関する知見による差異かも知れない。
学校内で、システムを作るときにも、ユーザーインターフェースを考える。
いかにどの先生にも分かりやすく、入力しやすく、結果出力のしかたがどれだけ分かりやすいか。
みんなに使ってもらって、しかもこれはいいと言ってもらうためには、そんなことが、とても大事になる。


2008年6月29日(日曜日)

休日出勤

カテゴリー: - tanapon @

学期末を目の前にして、かなりあわててきた。
そうならないようにと思っていたのだけれど。
と言うことで昼前から職場へ。

□学級会計の処理と最後の集金計画。
 昨年度作成して皆さんに使っていただいた会計ソフトを今年は自分が使ってみる。
 支払いが終われば、即、会計簿は完成のはず。
□新体力テストの結果処理
 校内報告用のシートへ入力
 合わせて個票作成の段取り
 簡単に各人へ配布する結果表ができるように設定できた。
 隣の先生にも使ってもらおう
□通知表の下準備
 表紙と裏表紙だけでも、印刷したい
 ということで、ワードによる差し込み印刷の設定
 何度も試行錯誤しながら何とか形になった
 学級人数分一気に、作成できる。
 昨年の学校では、全てプリンタでできるようにしていたので、現任校での現状をみて、ショックが大きいのだが、まあ、昔歩いた道をもう一度歩いてみることにする。
 これも、いつもお世話になっている、隣の先生にも使っていただこう。
□通知表のための評価規準の作成
 自分なりに、1学期の学習内容を評価するための基準を作ってみたい
 合わせて子どもたちの自己評価のための項目一覧も考えてみる

帰宅してからも、家族の団らんを横目にしながら(涙)、おれはいないものだと思ってくれモードに。

□某携帯MLにメールが流れない件で対応
 結局、AUのなりすましメール拒否が原因だったことが判明
 携帯によるML運用をしている方は、知っておいても損はない。
□全小道研全国大会の役員MLの設定
 届けていただいたファイルでは、アドレスがわからない人もあったので、検索して登録
 担当者にファイルを送り返すとともに、MLに第一報を送信
 どれだけの人から返信があるだろうか。
□全国大会WEBの手直し
 お知らせ掲示板の表示のしかたが変なことに気づき、修正。
□県道徳教育研究大会のWEB更新
 少し前から頼まれていたもの、一太郎ファイルをそのまま変換し、多少手直しをして、トップページのフレーム内に公開。ついでに、サイドメニューをいじり、全国大会WEBへのリンクも作成しておいた。宣伝、宣伝。
 このページは、昨年作ったときには、検索してもかなり下位の方にしか表示されなかったけど、今回試してみたら、見事一番上に表示された。時間が解決することもあるもんだ。


2008年6月26日(木曜日)

校務情報化のスキル保証

カテゴリー: - tanapon @

学校保健関係の年度当初の報告は他領域と同様毎年あるらしいが、今年は(も?)WEBによる入力。
情報関連の調査は、ここ数年、このようなシステム。

担当の養護教諭に声をかけていただき、サポート。
最初は職員共有機で作業しておられたが、机上の端末で作業できますよと、そちらで作業してもらうことにした。
見ると、アクロバットリーダの7の後半か、最新版の8の機能を使って処理しているようで、それらのバージョンを要求している。
そこで、8にアップデート。端末機のアカウントにアドミン権限がないとアップデートできないことが分かり、権限変更の作業。その上で、アップデート。ここまでが準備。
そのあとようやく、入力作業をしてもらう。
マニュアルがあるのでそれに従って作業をしてもらう。

途中、作業を一事終了し後ほど作業したいとか、入力したものを管理職に印刷して見てもらってから送信したいなどの、必要が出てくる。その当たりは、マニュアルには、不明確。

システムには、アクロバットリーダの機能を使い、報告文書全体をPDFとして保存する機能と、データをXMLデータとして保存する機能、さらに確定し報告送信する機能がある。
それらが、マニュアルでは、わかりにくい。というか、それらの違いが、普段パソコンによる多様な処理になれていない人には、わかりにくい。マニュアルの書き方は、手順が書いてある。ストレートである。その背景の、説明はあまりない。よく分かっていない人にとっては、やはりわかりにくい。

この報告は、全国の学校で報告作業がなされる。
きっと、こまっている人も多いだろうなと感じる。
反面、校務の情報化を進めるに当たって、このような事も必要になってくる。
そのためのステップであると思い、我が社の先生には、仕組みについても理解してもらうように説明をした。

それにしても、教職員の間でも、デジタルデバイドの広がりが見られる。箸の持ち方から実際の授業で目的を持った活用のための使い方まで、幅広い対応が要求される。サポートの必要の幅広さは、どこかのクラスの算数の授業みたい。
ある程度、最低保障がなされる仕組みが必要かなと思う。

自分は対応すべきだと考えるし、対応するのだけれど、そのあいだ、放課後というか勤務時間終了後にしようと思っていた自分の仕事はほとんどできず。まあ、仕方ないと考えよう。


2008年6月21日(土曜日)

8月7日皆川先生来鳥

カテゴリー: - tanapon @

中小研情報教育部会の夏季研修会に、あの皆川先生においでいただくことになった。
期日は8月7日の午後、倉吉市立上灘公民館会場。
近日中に、県内に案内を送付する。
中部主催の会だけど、県内への案内を出すのがミソ。

内容がとてもいいので県内に案内を出す。たくさんの参加者に来ていただきたい。
昨年は笹原先生に来ていただき、濃い研修を組み立ていただいた。

皆川先生は、今年はきっと忙しいと思うのだが、その中を縫ってせっかくきてくださるのだから、多数の方に学んでいただきたいと思う。

案内や受付は、以下のサイトにて。随時更新します。
http://icte.main.jp/


2008年6月20日(金曜日)

ようやく週末 ひとときの安堵

カテゴリー: - tanapon @

今週末は、特に予定がない、久しぶりの週末。
やらなくてはならないことはあるので、それにあてることができる。
自分でそれらの予定をコントロールできることは、精神安定上大きいと思う。

先日、教職員のメンタルヘルスについての話を聞く機会があった。教職員の職場環境がいかに困難なものかをデータを元に示した話だった。
要因は明確に複数ある。
教職員自身がコントロールできない要因があることが問題。
熱意や努力では、解消できないものがある。
それが、ストレスになり、やがて取り返しのつかないことになる。

できるだけリフレッシュする時間を取ろうと思うことしか、今の自分にはできない。
仕事上の手を抜くという意識は持ちたくないけど、必要な対応があまりにも多岐にわたるのは事実で、一人の体で間に合わないのも事実。


2008年6月15日(日曜日)

サッカーと森信三

カテゴリー: - tanapon @

バードスタジアムにて、県大会の準決勝。
残念ながら、準決勝で敗退し、3位決定戦でも敗れた。
しかし、優勝したチームに、0−2の試合内容は、胸を張って良いと思う。
力のあるチームと対戦することで、課題もたくさん見つかった。
優勝するようなチームは、試合の中身もすばらしいが、ピッチの外でのふるまいがさすがである。
靴や荷物がきちんと整頓されていたり、あいさつがしっかりできたりすること。
とても大事なことだ、森信三さんがいっていることにも通じる。

我がチームや我が子にも、そこから再スタートして欲しい。
とても良い機会となった。

夜は、野外で慰労会。
祝勝会とはならなかったが、チームの歴史に初めて刻んだ県4位の記録は胸を張っていい。

お世話になっている方々や保護者同士でもたくさん話せて、とても良い会となった。


2008年6月14日(土曜日)

バードスタジアムへ

カテゴリー: - tanapon @

我が子のサッカーも6年生で多分今年が最後。
なんで多分最後かっていうと、単純に中学校にサッカー部がないから。
他にもサッカーを続ける選択肢はあるが、中学校生活との両立は、それなりの決断と困難を伴う。
本チームは、町内最大のスポ少。新入生の中でも最大の希望スポーツ。
その小学校の進学先の中学校には、サッカー部がない。
何年も要望しているが、未だに実現しない。

たくさんの子どもたちが、悩みながら、活動を選択する。
選択後も悩みながらやっている子も多い。
何とかならないだろうか。

そんな状況のチームが、でっかいことをやった。

今回は、全国大会につながる大きな大会。今日が県大会。
県大会に進めたこともすごいのだが、県大会で勝つことが目標。

今日は、2回戦まで勝つことができた。その瞬間、親一同、大歓喜であった。チームとしても快挙である。子どもたちもいい顔をしていた。

明日は、準決勝・決勝が、バードスタジアムで開催される。子どもにとって、あの会場で試合ができるなんてとっても素敵なことだ。また、3位までが中国大会に出場できる。
子も親もベストを尽くして、そして楽しみたい。


2008年6月11日(水曜日)

クラスづくり

カテゴリー: - tanapon @

研究会で某校某クラスの授業を参観。
教育関係者ならわかる、ふだんはあまり発言が上手でないと思われる子の発言。
そのときの、クラスの子どもたちのふるまいが素敵だった。
班の中で発言を促す動きあり、それを受けて発言を促す先生の言葉かけとまなざし。そして、その子の発言を聞く時のクラスのみんなの素敵な顔。
これだけで、参観させていただいたことを、感謝した。
研究会後に、そのときのクラスのみんなの表情が素敵だったことを話しながら、ついつい、うる・・・。
素敵なクラスだ。

がんばろう。


2008年6月10日(火曜日)

D-pro本『メディアで創造する力を育む』

カテゴリー: - tanapon @

書籍紹介
『メディアで創造する力を育む』確かな学力から豊かな学力へ
中川先生はじめD−proメンバーによる書籍。
書籍案内は、こちら
力の入った本です。ぜひとも一読を。
定価3000円ですが、私も関わらせていただきました。ということで、2割引が効きます。
ご希望の方は、ご連絡を。

以下WEBより
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
PISA調査や全国学力テスト結果などで課題とされ、
新学習指導要領で求められているのが「応用力」「表現力」、
そして話題の「活用型学力」です。
本書はその育成法として「メディア活用」のスタンスから授業づくりにアプローチします。

ICTの効果的な活用はもちろん、
それにこだわらずポスターやパンフレットなどメディアの特性を生かし、
「何かを伝えたい・相手に分かってほしい」と子どもに“切実感”をもたせ、
制作・発表まで行う「メディア表現学習」の手法を事例を通して具体的に紹介します。

子どもたちに、豊かな感性、論理的思考力、実践力を高めるために、
「メディア創造力」育成の方法を徹底追究した新指導要領対応のガイドブックです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 目次
  序 「キチンと文化」からの脱却――メディアで創造する力を育成する
  1 メディア創造力との接点・相違点
  2 メディア創造力を育む授業(※具体的な授業実践25例を紹介)
  3 メディア創造力を育む学習場面
  4 D−PROJECT(デジタル表現研究会)の軌跡
  5 座談会――総括討論:メディア創造力はどのようにつけられるか


2008年6月7日(土曜日)

運動会の後は

カテゴリー: - tanapon @

07-06-08_1722.jpgやっぱり温泉でしょう。ずっと三朝温泉でしたが、今年は関金温泉です。


2008年6月4日(水曜日)

携帯ゲーム機によりインターネットアクセス

カテゴリー: - tanapon @

 小学生が、無線機能付き携帯ゲーム機を持って散歩したとしよう。
 近所で見つけた「セキュリティの弱いホームネットワークの無線アクセスポイント」でインターネット接続したら、法律的にはどうなの。

 無線カードを搭載したPSPやDSを持って、町を歩いたら、見つかるであろうアクセスポイント。
 それに接続するってのはどうなの。
 もちろん、他にも多くの問題を含むが、とりあえず、上記の問題はどうだろう。

以下、引用。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
第三条
 何人も、不正アクセス行為をしてはならない。
2 前項に規定する不正アクセス行為とは、次の各号の一に該当する行為をい
う。  
一 アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アク
セス制御機能に係る他人の識別符号を入力して当該特定電子計算機を作動させ、
当該アクセス制御機能により制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為
(当該アクセス制御機能を付加したアクセス管理者がするもの及び当該アクセス
管理者又は当該識別符号に係る利用権者の承諾を得てするものを除く。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これをそのまま読めば、アクセス制御機能により制限されている特定機能を使わなければ、犯罪にはならない。ということは、無線LANのアクセス制限がされていない場合には、それにつないでインターネットに出ても、問われないということか。

言いかえてみると。
家の鍵をひろって、その鍵を使って家にはいることは、犯罪。
これは、今までも自分は指導してきた。だから鍵(パスワード)の意味は、相互に大切なことがわかる。

もうひとつ。
鍵がかかっていない家には入っても良い?
これを言いかえると「セキュリティのない無線LANアクセスポイントには、黙ってつないでも良い。」
ということになる。

なんか変な状況に置かれている子どもたちがかわいそう。


教室が花畑に

カテゴリー: - tanapon @

先週、理科の学習のために教室で飼っていたさなぎから、チョウが羽化しました。給食時間に教室内に放しました。チョウは、お花畑を舞うように、子どもたちの間を次々と舞いました。まるで、子どもたちがお花畑のお花になったようでした。チョウが近づいても、子どもたちはおどかさないようにじっとしています。肩に止まったり、牛乳やコップに止まったり、その動き一つ一つを子どもたちが見つめていました。素敵な時間でした。
そのうちに、ご飯の上に止まり、動かなくなりました。ご飯粒ごと取り上げてよく見てみると、ストローを伸ばして、ご飯粒からみつを吸っているかのようでした。この日のご飯は、味付きのものでした。きっと良い香りがしたのでしょうね。
みんなで、順々に近寄って、観察しました。その後、チョウは無事に、教室の外に出て行きました。
授業では詳細な観察をするために写真や映像資料をよく使いますが、このように本物を目にすることは、やはり大切ですね。本物を届けていただける本校の環境はつくづくすばらしいと思います。そして何より、チョウにふれないようにやさしく見守っていた子どもたちの姿が、本当にうれしかったです。


2008年6月3日(火曜日)

鳥取発バス経路検索パスネット

カテゴリー: - tanapon @

パスネット

パスネット
アドレスは、http://www.ikisaki.jp/

バスによる移動を携帯からサポートする。
もちろんPCでも可能。
とても画期的。

使ってみるとわかる。

総務省u-Japan大賞を受賞したそうな。
地元のうれしいネタである。


38 queries. 0.091 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2