ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1010
昨日 : 1818
総計 : 212453212453212453212453212453212453
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2009年4月29日(水曜日)

山菜

カテゴリー: - tanapon @

29-04-09_1852.jpg天ぷらにします。


2009年4月27日(月曜日)

調味料を使うのがおもしろくなる本

カテゴリー: - tanapon @

いろんなレシピ集を眺めながら、好きな材料を使って、一工夫しながらおいしいものを作るのがおもしろい。
最近は、旬の竹の子を良くもらう。そこで、竹の子を使って料理をいくつかやってみた。炊き込みごはんも、おいしくできた。
少し前から、アンチョビを常備して使うことを覚えた。いろんな料理に、おいしさの隠し味として使うことができる。アマチュアの料理が、プロの味に変わる。

そこで、下記の本を見つけて読んでみたけど、結構いいです。某テレビ局の情報番組で紹介され、話題沸騰と帯には書いてあった。
いろんな調味料があるけど、当たり前の使い方だけでなく、特性を知ることでいろんな応用ができそう。
ぼちぼち楽しませていただきます。休日の楽しみかな。


2009年4月23日(木曜日)

生身の人の生き様が真実

カテゴリー: - tanapon @

少し前まで、道徳の人物教材を作成するときの、鉄則として、すでにこの世にいない人を取り上げろというのがあった。今はそうではない。
なぜそういわれていたのかというと、生きている人は、評価が変わるからだ。それまで良いことをしていた人が、犯罪を犯せば、教材として取り上げた人の値打ちが下がるという考えだろう。

ここ近年は、そうではない。実際に生き生きと活躍している人を取り上げている。
そう変わったのは、現実に身近(会ったことはないけどメディアで伝えられる)で生き生きと伝えられている人の姿から学ぶことができるという考えだと思う。
そこには、万が一、その人が何らかの挫折をしても、それまでの生き方のすばらしさは変わらないといという考え方があるように思う。

今日、残念な報道があった。結果的に「残念な報道」と思う。
国民的に認知された人が、ちょっとしたことで、それまでのいろんな評価を否定されるのは、悲劇である。「ちょっとしたこと」のとりかたが、問題だと思う。

人はいきものだから、ぱっと騒ぎたいこともあるし、身の回りのうざったいことを一時的にはぎ取りたい脱ぎたいと言うこともあるだろう。そのように、何らかのストレスを開放させる手段は必要であるし、行うべきである。特に普段から、一生懸命に何かに取り組んでいる人は、時には、人に迷惑をかけない範囲で、ストレスに対応する必要がある。

田舎のまわりに何もないところなら、どんなに騒いでも、衣服を外しても、だれも文句を言わないだろう。そういうところで、暮らせる人と、都会の中で日々過ごす(それだけでもストレスだと思うが)人とでは、ずいぶんストレスを発散させる方策の許容範囲がちがうように思う。

そういうことを、考えずに、それまでの実績や仕事のすばらしさを、一概に否定するようなやり方、それをやる組織は、あまりにも人の尊厳をないがしろにしていると思う。また、官庁やマスコミのやり方として、人の思いを考えず単に広告的経済的管理的なことだけで、それまで頑張っていた人を全否定するようなことは、許せない。

官庁やマスコミの責任のある人には、「いや、ちょっと待って、彼は、○○に関しては、○○のように頑張っていたから、これからもその姿勢を支援します。」と言い切ってほしいものです。

人柄や人間性を重視して選んだのでしょ。(って、思いたいし、そういっているはずですよね。)それなら、最後なら、そう思った思いを通してほしいものです。

そうでなければ、マスコミで出している(マスコミが作って伝えたいと思っている)のは、単なる見かけだよってことを認めることになります。まあ、それが真実かも知れませんが。

マスコミの基本的な考えがそうなのなら、マスコミで伝えられるものは、ほとんどがはじめから作り物でで、信用しちゃダメですよってことになります。


2009年4月19日(日曜日)

スーザン・ボイル

カテゴリー: - tanapon @

話題の人 こりゃすごい

歌は心/スーザン・ボイル─Susan Boyle (日本語字幕版)


2009年4月18日(土曜日)

高校生に送りと迎え、さらに携帯?

カテゴリー: - tanapon @

高校生って、自立するのかと思いきや。
親のサポート負担がさらに増えるのね。

1)条件により、送り迎えが必要なことが分かった。わが家は、不便なところにあったのだと認識。
2)自分が高校生のころは、とにかく自力で、自転車で通った。雨でも雪でも。それが今は通用しないことが分かった。
3)部活の帰りが遅かったりすれば、親が迎えている現状があるみたい。それってあり?
4)そういう状況の中で、携帯持ち込み禁止のルールは知りながら持ち込まざるを得ない状況って変。

ともあれ、さらに忙しくなりました。とほほです。


高校生に携帯を持たせる際に

カテゴリー: - tanapon @

とうとう高校生の娘に携帯を持たせました。

いろいろと話をして、約束を作り、その上で使うということで、今日購入しました。
約束は、結局以下にしました。
いろんな思いがあり、親として妥協した面もありますが、とりあえず約束があるという状況からのスタートということでは満足すべきかなと思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
わが家の約束
●ケータイは、サイト閲覧・通話・メール・アプリの機能に限り利用します。
夜間(22時から翌朝6時まで)は使用せず、通話やメールの全てを1日1時間までとします。
自宅で利用する場所は自分の判断で決め、アプリ利用等で料金が発生する場合は、その都度保護者に相談します。
●サイト閲覧は、iメニューの登録サイトと一般サイトを利用します。 (iモードフィルタ利用)
アクセス制限カスタマイズを利用します。
利用料金が発生する場合、また個人情報の記入が必要なサイトは利用しません。
●通話は、緊急時の連絡手段、日常の家族との連絡手段、日常の友だちとの連絡手段として利用します。
*自宅にいながら友だちと会話する時は、固定電話を使いましょう。
通話する相手は家族・保護者が面識のある友人・学校や習い事の友人に限り、外出先の人の迷惑にならず、安全な状態でのみ利用します。
●メールの利用は家族・保護者が面識のある友人・学校や習い事先の友人と、交流や連絡で使用します。
●アプリは便利ツール・学習系アプリに限り利用し、新たにダウンロードする際、有料の場合は事前に保護者に確認をします。
また、メールアドレスなどの個人情報の提供を求められる際は有料無料に関わらず、提供しません。
○ケータイを使って心配なことやいやなことなど、とにかく何かおこったら、必ず親に相談すること。
○家に帰ったら、携帯は、一階居間の充電器においておくこと。
○親が携帯のことで話をしたりビデオを見せたりするときには、いやがらずに話を聞くこと。
○学校や友達の様子を、普段から親に話すこと。
○個人情報の提供や登録は、自分で勝手にしないこと。必ず相談すること。
○メールやアクセス履歴を消さないこと。親が見せてと言ったときには、素直に見せること。
○基本的な設定の変更を自分ではしないこと。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●は、ドコモのサイト上で話し合って作成したもの、○はわが家で独自に決めたもの

■ポイントは、利用場所と保管場所、そして利用時間。
上記は、わが家でそうであって、9時なのか10時なのか、利用場所は自由なのか今なのかそのあたりがポイントかなと思う。
とりあえずわが家では、10時には、今の充電器に携帯がおかれてそれ以降は使われていいないはずである。

ここまでくるのにずいぶん時間を使った。
いい経験だったと思う。

また、初めて、子供用に携帯を購入するという体験をした。
ショップの方がどのような対応をされるのかに注目した
プランについてはあらかじめ考えていたので、ほとんど、想定通り。
また、必要と思う制限等については、調べて予定したものを設定した。

問題は、制限に関するショップの対応。
昨今の状況から、キャリア側も、いくつかの未成年者に対するWEB等の閲覧についてのフィルタリングを行うようになっている。ある程度デフォルトのおすすめがあるようだ。

しかし、今日、ショップでの話では、二つの強度のうち弱い方のフィルタリングを選んだら、その後、カスタマイズができますということで、
(カスタマイズは知っていたのでできるように申し込もうと思ってはいた。必要なものだけは、親が設定しようと思っていたので。)
カテゴリーでコミュニケーションのジャンルを許可することができますということを勧めてきた。そういう要求が多いかららしい。これって、SNSやBLOGやプロフ、そして各種掲示板へのアクセスを、一括して許可するってことじゃないかな。
ショップでの購入時点で、これらのフィルタリングを外すことを勧めるってのは、いかがなものかと思う。
もちろん、わが家はカスタマイズできるように設定したが、具体的な許可設定はまだせずに、親が後日行えるようにしておいた。

キャリアの対応に???である。


まるごと鳥取お魚レシピ

カテゴリー: - tanapon @

おいしいものネタ。

おもしろい本が出版された。
地元の魚を使った料理を地元の人がレシピにした。
地元の人間でも若い私たち(^^;)は、よく分かっていなかったものや、最近の食材だけどこれもまた調理法がよく分からない。そんな食材の調理法が、コンパクトにまとめてある。
私は魚大好き。地元の食材を使って何とかおいしくいただきたいと思っているが、自分が分かる範囲の簡単なことしかできなかった。すでに数種類作ってみた。かなりいいレシピ集。

まだアマゾンではなかったみたい。
まるごと鳥取お魚レシピ(今井書店サイト)

書籍の記事


2009年4月11日(土曜日)

レンゲ畑でわんこと散歩

カテゴリー: - tanapon @

休日の一つの作業が、昨年度からの持ち越しで、学習WEBのCD化。編集と焼く作業は済んでいたのだが、印刷がまだだった。レーベル印刷のための編集を行い、実際の印刷。人数分を印刷しようとするとかなりの時間がかかる。早く子どもたちの渡したいので、続けての作業を行った。

昨日から、家の外装の補修のために業者さんが作業をしてくださっている。
わが家の庭には、有能な番犬である柴わんこ(雑種)がいる。
昨日もきっとかなりほえていたことだろう。業者さんには申し訳ない。
今日は、家人が在宅しているので、なるべく静かにさせようと、かなりの苦労。
午前中だけでも3回の散歩。午後にも1回。
お陰で、自分も2年生の末娘とわんことの散歩を楽しんだ。
散歩コースの近くの田んぼには、レンゲ畑になっているところもあり、遊ばせてもらった。

レンゲ畑でさんぽ

ここのところかなりの陽気で、歩いていても気持ちがよい。庭の草もかなり伸びたけれど、近隣の植物も生き生きしている。散歩途中の近くの川では、鴨もたくさん気持ちよさそうにしていたし、何とその近くを、バシャバシャと動くものが入るのでよく見てみると大きな鯉が数匹寄り添うように泳いでいた。産卵活動に入っているようにも見えた。

合間に、子どもたちのスポーツや塾への送迎。待ち時間に、学級経営のための道具をお店で購入。
夜は、卒業前から子どもたちが念願していた焼き肉ということで、牛角へ。
子どもたちともたくさん話せ、いい時間を過ごすことができた。


新学期が始まった

カテゴリー: - tanapon @

どうも休日にならないとこのBLOGを書けないというのが、余裕のなさかも知れない。

子どもたちが出てきての週が終わり、なんとか年度のスタートが切れた。
始業式後の担任発表から始まり、持ち上がりのクラスの良さを生かしてやろうと決めていたので、どんどんとやるべきことを進めた。子どもたちにとって担任の新鮮みはないが、手の内が分かっていることでの安心感があったようだ。といいつつ、手の内は変えていきたいと思っているので、自分も子どもたちにとっても、よりよい方向に進めた目のチャンスの時期であると考える。
じっくりと、各自の目標やクラスの方向付けをする時間をとった。
そうじ場所も変わるし、来週から給食が始まるので、そのための指導も必要だが、ある程度の流れができているので、昨年のようにあわてることはない。
一つ一つの準備を、少しだけ前に行うようにしていきたい。それだけで、心に余裕を持って、子どもたちにあたることができる。

午前中で下校するこの一週間の午後がとても貴重だった。会議もあるけれど、諸準備に充てる時間がとれたことが大きい。
学校内でシステムを改善したり、システムを作ったりするための時間も必要。クラスの準備だけではない。


2009年4月5日(日曜日)

年度初めの休日

カテゴリー: - tanapon @

昨年度末はいつものようにばたばただった。
各種文書整理もあり、教室のかたづけもあり、反省をしつつ新しい構想を考えることも必要、年度内に片付けないことが片付かず迷惑もかけた。

心機一転、新しい年度を迎えた。リフレッシュした(^o^)スタッフでスタートする。
昨年度は、新しい勤務地と久しぶりの担任でかなりストレスを感じながらのスタートだった。今年は、同じ勤務地である程度流れが分かり、構想もある。心の余裕が少しだけでもあることがとても大きい。

校務分掌図の見直しはどこでもするが、今年の我が社では、学校CIOを入れてもらおうと提案した。情報教育主任はあるが、それは教科指導の話。我が社の分掌図では、管理の範疇にはいるが、結局「教育の情報化」に関わる統括の担当者を明記することにした。トップは教頭さん、その下に補佐官として、情報教育担当の2名を明記することにした。

校務サーバーの利用の仕方や、校務に関する情報化について、明確に分掌化されたことは大きいと思う。今までは、単なるボランティアでやっていたことであるけれど。これからもボランティアに近いのは、変わりないとは思うけど、分掌が明確化されたことで、明らかな仕事の一環としてやっていると言うことが明確化された。

昨日、今日は、休日。
最近おもしろいのが、調理素材としてのアンチョビ。
話題が突然変わりますが。
フィンランドに行ったときに、イワシの酢漬けが出て、食べようとしたけどかなりの抵抗感があった。一方、パンにチーズや各種ハムをのせて食べるというのは、かなり贅沢にそして豊富に素材があり、おいしくいただいた。帰ってからも、いろんなチーズやハムに興味が涌くようになった。

アンチョビって、本来は、かなり塩が強くて、パンにのせたりして食されるもののようだが、日本人には、かなり塩分が強い。
そこで、いろんな料理の隠し味として少量ずつ使われている模様。
ポイントは、ちょっとずつ、そして火を通すこと。

一番使いやすいのは、パスタソース。
素で使ってもいいし、トマトソースと一緒に使ってもいい。
そのほか、いろんな料理の隠し味としても使える。
こちらの方が、おもしろいかも知れない。和風でも、中華でも、ちょっとだけ入れてみるとこくが出て、おいしい料理ができる。

今日は、スーパーで安かった鶏のむね肉とおばあちゃんが炊いた旬の竹の子を使って、中華風の炒め物を作った。むね肉は普通に火を通すと、かなり固くなって扱いにくいけど、今日は酒と片栗粉の力を借りて、柔らかくした。また、竹の子やピーマン、そしてトウモロコシなどの野菜の力も借りてバランスをとった。最初のソースの基本には、油とニンニクとショウガ、そしてアンチョビのチューブを使った。ソースを作ってから、下ごしらえした鶏肉を上下色をつけてから、酒を投入して蓋をして、蒸し焼き。火が通ってから、野菜を投入し、仕上げに、みりんや醤油、鶏ガラスープ(顆粒)なども投入。
おいしくできあがった。

夕食には、四国土産のうどんも課題にあったので、メニューはうどんとのコラボ。
うどんは、本場四国のめんなので、当然、釜揚げ、好みによってかまたま。余った卵とねぎ、めんつゆで、これまた、おいしい出し入り卵焼き。

と言いつつ、一日料理ではなく、かなりの時間、PCの前で過ごした。
未提出の課題を提出すべく、検討。
また、昨年度の学習成果WEBをCDに落とすために、時間をかけて作業。
数があるので、さすがに時間がかかる。

娘が大阪に遊びに行って、写真や動画をたくさん撮ってきた。
それを編集してDVDに作成しようとの試み。
単純に、画像を動画をならべて、簡単なトップメニューを作成するだけ。
それでも、編集したものを一連の動画に落とすレンダリングに時間がかかる。
普段づかいの旧式ウィンドウズノートパソコンでは、明日の朝までかかってもできそうにないので、途中で中止し、マックブックにデータを移動して、作業をし直す。と言っても、マックブック内でウィンドウズが動いていてその上の動作なのだが、それでも、CPUとメモリのアドバンテージがあり、かなり速い。結局、50分のムービー編集に4時間程度要した。


時には休息

カテゴリー: - tanapon @

あのイチローさんが、胃潰瘍でお休みとは、びっくり。
心身の管理が万全なあのイチローさんでも、WBCのプレッシャーはかなり効いたのでしょうか。
WBCとは比較にならないが、我々の仕事も時にはかなりのストレスが生じる。
そんなときには、休むことも大切な選択だと、あらためて思わされた。


36 queries. 0.068 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2