ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1010
昨日 : 1818
総計 : 212453212453212453212453212453212453
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2010年7月31日(土曜日)

アウトプットとインプット

カテゴリー: - tanapon @

夏季休業に入ったが、8月5日の県放送教育研修会の準備でバタバタした今週。
当日まで出張の連続で実際の準備作業日が少ない中、できるだけの下準備をしようと会長さんはじめスタッフと打ち合わせを慌ててやった今週であった。なんとかめどが立ち、スタッフにお願いすることがたくさん。ありがたい事だ。

そんなこんなで、巡業開始。
金曜日は、横浜の高田小学校の拡大校内研にお招きいただいた。
電子黒板の活用と国語や伝える力を中心とした授業改善をテーマとして研究をしておられる。(と把握した。)当日の実践ミニバトルで発表の機会を戴いていたが、最終のスライドができたのは、当日の朝。使う予定だった画像群が直前に一気に失われて、大汗。少し前の素材を発掘して、伝える文脈を整えた。

2便で上京、乗り継いで、横浜へ。最寄り駅近くで昼食を取り時間調整してから、学校へ。
暑いと思って行ったのだが、あいにくの雨天、会の最中には土砂降りになるような天候だった。

会は、とても盛り上がった。
会の構成自体は、D-proお手の物の構成なのだが、参加者は校内と近隣の学校の先生、そして私たち外部の人達、そして支援する企業の形たち。多様な人が関わって、会を運営して一人ひとりが主体的に関わっていく。そういう作りの会。これが、ひとつの学校研究の中で行われたことの意義は大きいと思う。

自分が伝えたプレゼンのお題は、「資料を示して話す力を子どもたちにつける」である。最近の実践を主に置きながら、先生方がこれからどんなことをやっていこうかと楽しみに思っていただけるような内容を考えた。「気軽に、かつ積極的に」がテーマでもある。たくさん質問もいただいて、興味を持っていただいたことがわかった。こうやってアウトプットするときに反応をいただくことは、とてもありがたい。

新聞作成授業がひとつの大きな話題であった。ワークショップでは、グループのファシリテータもさせていただいた。その協議の中でたくさんの意見も出てきたし、考えのズレが見えてきた。そこをどうはっきりしていくかが、今後につながることもわかってきた。

翌日にも実はつながった。

ともあれ、会の持ち方して、会への参加の仕方として、いろんな立場の参加者の振る舞いや重い方について、とても感じることの多い会だった。
一部はアウトプットだけれど、インプットも多い会だった。
普段は、アウトプットならそれだけにきゅうきゅうとしてしまうことが多い。
今回は、タレントが多かったので、自分が行う役割を考えながら行うことができて、多少の余裕があった。周りの人をいかそうとか、ここでもっと思うように話してもらおうとか、考えて行ないながら、言ってもらったことから自分もヒントを頂いたりした。

土曜日は、学情研の情報教育セミナー、市ヶ谷会場。
文科省からの旬な話、今後への展望。そして高橋先生のICT活用の現実的に何からとりかかったらよいかという話、納得出来る論拠を示してくださった。その後、中橋先生から、メディア想像力と学力との関係、それを育むための方策について、事例を示しながら、話があった。個々の実践事例は知っていても、それがどの様な意味があるのかは、大事なことだと思うけど、なかなかわからないところもある。そのような意義を明確にして次の実践を作っていくことが大事だと思うのだが、しっかりと話しを聞く機会も大事だと、改めて思った。この日は、インプットの日。

WSでは、アナログプレゼンでプレゼンの基本を学んだし、新聞作成が国語の活用力の中心教材になるであろうという感触を個人的には持ったし、来年度の教科書が示す内容が先生方にどう影響しそうかという予想もできたし、なにより、いくつかのメディア創造力関係の授業プランが、これからの活用力をつけるための授業プランとしてベースになるだろうという確信を持ったこと。それなら、こんな内容のこんな素材を扱った授業もできそうだよなという、いくつかの授業の種やその種同士をつなぐ道筋が少し見えたような気がする。

といいつつ、たくさんの宿題も頂いた。
ま、頑張ろうっと。

関係の方々、ありがとうございました。

帰りの便では、エルザさんと県知事と機内で遭遇した。素敵でした。


2010年7月25日(日曜日)

焼き鳥屋さん

カテゴリー: - tanapon @

校区の祭りで焼き鳥屋を提供。大盛況。


2010年7月23日(金曜日)

1学期終了

カテゴリー: - tanapon @

この1週間、とても暑かった。もう夏休みになっている学校も多いというのに。
ようやく終わった。


2010年7月18日(日曜日)

XOOPS Cube Legacy

カテゴリー: - tanapon @

このサイトは数年前に、Xoops2というCMSシステムで作成して運用してきた。同様に前任校のものや、管理していたサッカーチームのサイトも、Xoops2で作成した。すでに古いシステムになっていたのだが、そのまま使っていた。
サッカーチームのサイトがうまく動かなくなったので、色々と試行錯誤するも、うまくいかず。

思い切ってバージョンアップすることにしたら、すんなり動いた。よかった。
以下からダウンロード。
XOOPS Cube Legacy

このサイトも、バージョンアップしてみようと思いつつ、とりあえず安定しているので、触りたくない気もするし・・・。


2010年7月15日(木曜日)

教室PC配備

カテゴリー: - tanapon @

今学期は、全教室にICTセットを配備することを意図している。
ずいぶん整備できたが、PCがなかったり、動作が遅かったりして使いにくい物も多かった。
この度、リースアップのノートpcを数台いただけることになったので、教室PCとしてセットアップした。いただいたのは、17年度にXPマシンとして導入されたノートブック。メモリが750mbあった。これはいい。でも、さすがリースアップだけあって、OSなし。

で、話があったときに、即答でくださいとお願いしたのは、OSから入れられるのなら、逆にラッキーかなと。手間はかかるけど、ライセンス関係の面倒はない。

そこで、いただいたマシン数台に、ubuntuを入れた。
LINUXの最近安定しているOS。最新バージョンは10.4

iosイメージを落として、インストールCDを作成。
CDを各マシンに挿入して、OSインストール。

アップデートをかけて、最新のものにする。

主にWEBの各種動画やコンテンツを表示させたいので、その検証をする。
足らないものは、調べて、ダウンロードしてインストール。
これに手間がかかった。
それでも主要なものを再生することができるようになった。

とりあえずNHKのデジタルコンテンツを表示できる。
ニュースサイトの動画も再生できる。
FLASHも再生できる。(一部だが)
パワーポイントの教材も再生可能。

その他、OSが持っている多様な機能を使うことができる。

何よりも、元々のマシンが、そこそこ高いスペックであったため、起動も速いし、動画の再生に至る過程も時間がかからない。

ubuntu いいですよ。


2010年7月11日(日曜日)

地引網

カテゴリー: - tanapon @

午前中、地引網。
大漁。
各家に仕分けてもらった。
大あじ20本くらい。
鯛6枚くらい
サワラ60センチ一本
おまけにコノシロ2本
白いか、らしきもの一杯

弟のところにたくさんおいて行って、残ったものを処理。
とりあえず下処理をして、冷蔵庫に。

途中で、あじ一枚は、なめろうになった。
おいしい。

アジは、とりあえず、鱗と頭とはらわたを取って冷蔵庫へ。
刺身か、焼くか、塩するか。

コノシロは、このあたりでは食べる習慣はないのだが、せっかくなので調べてみた。
小骨があるが調理によって美味しいようなので、酢漬けにチャレンジ、頭と腹をざっくりと落としてから三枚におろす。はらの小骨を一気に切り取り、皮を引く。強めの塩をして冷蔵庫へ。半日たってから、酢を入れ、さらに半日だそうだ。

そういえば、このあたりではたくさんの種類の魚が上がる。
選り取りみどり。
だからかどうかはわからないが、単純な料理が多い。
新鮮な魚の刺身とか、煮付けとか。

こった料理は少ない。
コノシロにしても、美味しく食べるための調理法はこのあたりには普及していない。捨てる魚である。他に簡単に食べられる美味しい魚があるからとも言えるし、そこまで調理に手間をかけないとも言える。

同じ日本海の魚がとれる金沢と調理法を比べてみるとその違いは歴然である。

食の素材が素晴らしいからこそ、調理は不要って感じもある。

鯛は、鱗とはらわた、エラを取って、冷蔵庫へ。
さあ、どうしよう。
鯛めしか、刺身か、残ったあらをどうしよう。

巨大サワラは、母が3枚におろしてくれた。さてこの半身をどうしよう。
刺身でもいけるし、焼いてもいいし、揚げてもいいし。
つけてもいいかも。

いかようにもでき、うれしいけど、さてどうしよう。


2010年7月7日(水曜日)

USBメモリのセキュリティ

カテゴリー: - tanapon @

USBメモリのセキュリティを確保するために、まさにそのままのタイトルのソフトを導入。
個人使用用のフリーのものもある。それはそれでとてもよい。
今回は、商用の有償のものを導入した。大正解。

○USBメモリのセキュリティ グループエディション
http://kashu-sd.co.jp/products/usbentg.html
一台の管理マシンで、任意の数のUSBメモリを管理できる。
USBメモリ数分のライセンスが必要。

○USBメモリのセキュリティPROサービス
http://kashu-sd.co.jp/campaign/usbentservice.html
PowerUserのユーザーが上記を使うと、そのたびにアドミン権限を求められる。
それを回避するソフト。クライアントにアドミン権限でインストールしておくとサービスとして稼働する。これさえ入れておけば、面倒なことなし。

いろんなものを試してみたが、一般ユーザーから見て一番使いやすい。
また、一台の管理マシンでメモリを管理できることがうれしい。
さらに、アドミンパスワードをいちいち入れなくてすむのが、最も重要。

今回の導入は、それまでの試行錯誤にはとても日にちがかかったが、一度決めれば、早かった。
導入決定後、発注からメーカーさんの対応も迅速であった。何度かのやりとりで、ライセンスキーも届き、メモリの設定を含めて、午後半日で実質の作業が終了。
夕方の職員会で説明をし、その後配布できる状況になった。
早速使ってくださる方もあり、これで、一安心。


2010年7月5日(月曜日)

タイトルは?炊き込みご飯?

カテゴリー: - tanapon @

バタバタしていることが充実してる場合もある。
でも、本来は良くないよなあ。

授業で某チャレンジ。
それなりの成果があった。課題も盛り沢山。

校内研究のコーディネート。
これもそれなりか。
今後につながるように頑張ろう。

校内のICT化、いい感じ。今週にダメ押しの作業を、しよう。

休日は、地元の作業、並びに会計処理。わが子のクラブ関係で忙殺。
隙間に、いろんな構想を練る。

また一週間頑張ろう。

某氏は、BLOGにいつも的確なタイトルを書いているけど、今日ばかりは自分は、ご勘弁。
そんな週初めか?
先が思いやられる。

明日の朝の、お弁当用も含めて炊き込みご飯を仕掛けた。
それで今日は精一杯。おやすみなさい。
で、決め手は、最後にふったごま油。ってことにしておこう。タイトルできたっと。


31 queries. 0.070 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2