ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1111
昨日 : 2020
総計 : 213654213654213654213654213654213654
平均 : 5353


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2010年10月31日(日曜日)

シティホテルの使い方?

カテゴリー: - tanapon @

某会議のために、上京。台風が心配なため急遽前泊をするはめになった。結果的には、飛行機は飛んだので、必要なかったのだが、以前に痛い目にあったため安全策をとった。まあその選択もありかと。

会議はとても濃い内容で、やっぱり顔を合わせて話さないとだめだよねってこと。
今後に向けての作業や課題も明確になり、良い会議だった。

前泊は、会場の沿線のK田のビジネスホテルに急遽(ここだけあいていた)にとり、そして後泊はこれまた近くのS川のシティホテル。
いつもはばたばたとして、遅くなって泊まるだけなのだが、今回の後泊は時間的に余裕があったので、近隣やホテル内を見学して回った。水族館や映画館、ボウリング場なども併設している施設なので、家族連れや観光で楽しむにはいいだろうなあ。
最上階のラウンジにちょこっと上がってみたが、雰囲気があわず速攻で降りてきてしまった。
何だかなあ。>自分。

明日は少し時間がとれるので、いろんな現地学習をしてみようと思う。

今晩は、部屋でたまった宿題を片付けよう。
こんなシティホテルの使い方って、うーん。
ビジネスホテルしか使ったことのない自分にとって、一人で泊まるシティホテルの使い方が分からないんだよなあ。

以前にも何度か泊まったホテルだけど、いつもビジネスホテルとしてしか使ってないのであった。


収穫祭

カテゴリー: - tanapon @

学習発表会とかねた本校最大の行事「ふれあい収穫祭」が30日(土)に開催された。
昨年はインフルエンザで中止となり、2年ぶりの開催となった。
職員の顔ぶれも変わり、当日の流れや事前準備などのイメージがないままに準備が進むという面もあったが、そこは連携がうまく取れて、子どもたちもしっかりと用意することができた。
とても素晴らしい会になった。子供たちの頑張り、先生方の指導の的確さ、何よりも過程の中で子どもたちが育った実感がある。
また、当日の運営やそれまでの子供たちの頑張りを支えてくださった、保護者の方や役員の方々に感謝である。

「行事を通して子どもたちが育つ」それを意図してやり切る職員集団である。
もちろん、職員のご苦労さん会も開催されたのたが、別の都合があり、参加できなかったのが残念。


2010年10月25日(月曜日)

Office 2010

カテゴリー: - tanapon @

Office 2010のベータ版を昨年から使っていた.
とても安定して素晴らしい出来だった。
今週末で使えなくなるので、製品版を購入することにした。
アマゾンが一番安かったので、先週末に、ポチっと。
今日届き、インストール。
普通に安定して動いている。あたりまえだけど。

購入したのはこちら。
案外知られていないのが、自宅マシンとモバイルマシンとの2台にインストールして良いというライセンス。
これ、使えますよね。

Office Professional Academic 2010


原稿書き

カテゴリー: - tanapon @

先の終末から、いくつかの原稿を書いている。というか、ようやく切羽詰って、焦っているというのが現状。怠けていたわけではなく、あっためていたのだが、いつまでもあってめていても形にならない。

とうわけで、かなりがんばった。つもり。

書いても、そのあとでねかせて見直す期間も必要なわけで。それがこれからかな。

書く事で整理されることがある.
書くために整理する。
書いてみて、不足に気づく。

いい機会を戴いている。


2010年10月24日(日曜日)

日常のあたりまえにあったかいこと

カテゴリー: - tanapon @

ふだんのくらしで、身近な人達とにっこりと笑う。
それでいいんじゃない。
そういうあたりまえのことが、あたりまえにあって、あたりまえのように、それっていいねって言える。
それが日常でいいじゃない。

昨今、様々な情報の中で。
あえて言うが、学校教育の教材の中でも。
人の死を前提にしたり、それを扱ったりするものが多い。
意図的に教材化するその意義はわかるが、いつもそれがなければならないということは、ない。

普段は、死とは無縁なものだ。
だからこそ、安心して日常を過ごすことができる。

その日常を扱ったものが、いいんじゃないと思う。

あたりまえにニコニコしながら過ごす日常.それを描いて、いいじゃない。

人が死なないとドラマが始まらない。そういうドラマは、嫌だ.

昨今の子供たちの状況を考えると、特別でなくふだんの暖かい話が、本当に普段なんだよって、言いたくなる。
そういうものにたくさん触れることが大事なんだと思う。

昔の昔話にもそういうあたりまえの生活のなかでのうれしさが書かれていたものだと思う。


2010年10月15日(金曜日)

ICT機器ワゴンセット

カテゴリー: - tanapon @

すべての普通教室に配置することを計画して動いてきた。

機能
1.必要な機器が一台のワゴンの上に乗って、移動できる。
2.出るケーブルは、いつもは電源ケーブル一本。必要に応じてLANケーブル。その2本だけ。引っかかりにくい、準備が早い。
3.移動できるので黒板のどの位置にも投影できる.
4.ワゴンの上の配線は、いつもしてある。接続作業は、一切なし。いつでもすぐ使える。
5.ワゴンに載せるのは、書画カメラ、プロジェクタ、パソコンの3つが基本、必要に応じてスピーカーや電子黒板ユニットなども載せている。
6.電源確保のための、テーブルタップは5口、5メートルのものを標準装備して機器の電源ケーブルは、接続済み。あとは、コンセントにテーブルタップのコードを取り出してさすだけ。
7.ワゴンの上には、PC操作や書画カメラに投影するものを置くのに必要なスペースを確保する。
8.スペース確保のために、児童机3台分を用意する。
9.機器については、すでに校内にあるものを活用しつつ、様々な手段で新しく用意し組み合わせてセットとして使えるようにする.

ワゴンの整備は、すでに終わっており、今月になって、補充するための必要な機器が納品されるようになったので、設定に追われている。

その中の、特徴的なもの。
教室用PC
ワゴンセットに乗せて使える。場所をとらない。プロジェクタに投影することが前提。
ということで、かなり特殊だと思うが、以下のようなものを購入した。

条件は、
「小さくて、動画が必要最小限再生できて、キーボードマウスが使えて、プロジェクタに映せる。」
もう一つ、限られた校内予算の中で複数台入れたいので、「安価である」こと。

そこで選択したのが、以下の機種。
ASUS EeeBox PC EB1501
もちろん、モニターなし。

初期設定にかなり時間をとったけど、動作はよさそう。
マウスも、キーボードもそこそこ離れていても、うまく使える。


不眠不休のマシンって

カテゴリー: - tanapon @

「最近、PCがおかしいんですけど」
と、帰る前に声をかけられた。
見てみると、校内サーバ内のファイル名変更ができないとのこと。そうだった。
何か変。
よくよく見てみると、ウイルス対策ソフトが止まっている。ウインドウズアップデートも選択できない。

訴求された症状以前に、何かが根本的におかしい。
原因はわからないが、取り急ぎウイルス感染を疑った。
オンラインのウイルスチェックをかける。
感染なし。

アドミン権限で入りなおして、設定を見るけど、かわりなし。
ウィンドウズアップデートができたので、アップデート。
大量のアップデートを時間をかけて実施。
再起動。

ユーザーのアカウントで入ってもらうと、すんなりと症状は改善されていた。
うーんなんだろうと思いつつ。ふと思いつき、おそるおそるたずねてみる・

「最近、このマシン、シャットダウンされましたか。」
「ずっとしてません。」
目が点。
導入から数ヶ月。ずっと休止状態で使われてきたらしい。
風呂にも入らず、布団にも入らず、毎日こたつでうたた寝状態。そりゃあ疲れもたまるし体調もおかしくなるでしょう。サーバーじゃないんだから。

聞くと半年前の導入から、ずっとシャットダウンしていなかったとのこと。
シャットダウンしてはいけないと思い込んでいたとのこと。

そりゃあ、なにか、おかしくなってもしかたないわなあ。
自分の対応も、普段不安定なマシンなら、迷わず再起動なんだけど、疑いもしなかった。

教訓1「難しいことを考えずシンプルな対応をまずは考える。」
教訓2「そういう思い込みでPCを使う人もいる。」

まあ、アップデートもできたのでいいのだけれど。
勉強になりました。


2010年10月8日(金曜日)

ピッケのおうち

カテゴリー: - tanapon @

ここのコンセプトがとてもいい

ピッケのおうち
サイトはこちら

その中でおすすめ
ピッケのつくるえほん
ピッケのつくるえほんサイト

とてもいいソフトです
キャラクターやものや背景画像をマウス操作だけで配置して、お話を作ることができる。
学校での購入についても近日中に対応されるとのこと。

本校では、特別支援学級にてつかうことにしました。
他学級でも、目的をしっかり持てば、とてもいい活動ができると思います。

これのもとになったものらしいものがある。
これがまた素晴らしい。
自分でお絵描きソフトで色塗りをして、できたキャラクターが部品としてプリントアウトでき、工作的な作業で人形を作り、それを使っておはなしづくりができるもの。
アナログとデジタルが見事に融合している。
やってみると、とても簡単だと思う。
各種説明書もわかりやすいものがある。
つくってあそぼう ピッケのペパクラ ピッケのペパドル

担当の方とメールをやり取りさせていただいて、ほんとに真摯に子供たちの活動を考えて作っておられることに感銘した。
こんなソフトが普及するのがよい。


2010年10月6日(水曜日)

日本にノーベル賞が来る理由

カテゴリー: - tanapon @

ノーベル賞おめでとうございます。
おめでたい。
でも、昔の研究実績にようやく賞をいただけた状況。
それだけ蓄積があろうかという話。

でもこれからはどうなのだろうか。
期待したい。
なんでノーベル賞を与えるのか。それを考えると見えてくる日本の政策の未熟と改善への期待。

「日本にノーベル賞が来る理由」


33 queries. 0.074 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 7月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2