ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 4
昨日 : 2121
総計 : 215324215324215324215324215324215324
平均 : 5353


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2010年2月3日(水曜日)

ごんぎつね

カテゴリー: - tanapon @

国語の有名な教材文、ごんぎつね。
新美南吉の作であるが、「赤い鳥」に掲載されたもの。
投稿された原稿を、「赤い鳥」主催する鈴木三重吉によって書き直されたともいわれているそうだ。
教材研究の中で、原文を読んでみた。
驚くことがあった。たくさんの箇所で表現が変わっている。一番驚いたのが、以下。

主人公のきつね、ごんが、兵十がお念仏から帰るときに聞いた言葉。
教科書では「神様にお礼をいうんじゃ、おれは、ひきあわないなあ。」というむずかしい言葉。
これに対して、原文では、「神様にお礼を云うなんて。いつそ神様がなけりやいいのに。」
しかも、そのあとに「権狐は、神様がうらやましくなりました。」という文も添えられている。
原文の方が、ごんの気持ちが分かりやすい。
時代背景で、「神様がいなくなりゃなんて」という表現を避けたのかもしれない。
今まで指導した中で、「ひきあわない」というのは、とてもひかかる言葉だった。
それが原文では、……。なんと…である。

いろんな意味で勉強になった。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.034 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 10月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2