ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1919
昨日 : 1414
総計 : 213995213995213995213995213995213995
平均 : 5353


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2010年2月13日(土曜日)

D-pro in鳥取 at 教育センター 第2回開催

前回より多くの参加者をお迎えして開催。
担当の方のご尽力を感じる。
また、リピーターや口コミで広がっていることが、顔ぶれを見て分かった。

鳥取でこれだけの内容のセミナーを開催することは、なかなかない。
「もったいないお化け」が今日も出ていました。
同時に複数のワークショップをするので、自分もワークショップを進行しながら、他のワークショップにも行ってみたい思いがありつつ・・・進行。

今回のタスクとして、PISA型読解力そして活用力をつけるための授業作りワークショップ。
国語のニュース番組を作ろうという単元で、交流校に見てもらう4コマスライドショーを作成するという想定での提案ワークショップ。ネタとしては、社会科の「港見学」地元の境港での「日本一のベニズワイガニ」を取り上げることとして、進行した。テーマが絞れたので、できあがった作品の比較をする上で、とてもよかった。

展開の上で、教師がすることと、子どもの作業とを意図的に分かるように示した。
必要な流れを示すことはもちろんだが、評価の規準を評価シートとして示すことによって、目標が明確になった。作成のための、アナログ作業を「スライドショー構成ワークシート」を使って行っていただいた。一人で考え、その後二人での作業となったことで、話し合いながら出てきた言葉が、基になる画像の読み取りや伝えたいことの言語化となっていることに、途中で気づいた。そういう意味で、ワークシートに書き込みながら構成を練ることは、PISA型読解力をつける上で大きな意味を持つのではないかと思わされた。写真を読み取り、伝えたいことを構成していく作業では、画像等の非連続テキストの読み取りが不可欠である。そのような授業設計になっていることが、ポイントだと思う。

「構成ワークシート」の内容

さすが土曜日、参加者の皆さんの意欲も高かった。
そして、素敵な、学習成果。感動ものです。
進行する方としても、とても楽しく刺激的な時間を持たせていただいたことを、感謝します。
ご参加の皆様、ありがとうございました。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.040 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 8月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2