ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 9
昨日 : 7
総計 : 213306213306213306213306213306213306
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2010年3月22日(月曜日)

D-project 春の公開研究会ワークショップ

カテゴリー: - tanapon @

ワークショップを担当した。
先の県教育センター共催で鳥取で行ったものを下敷きにして実施。
「ベニズワイガニが日本一の境港を4コマスライドショーで交流校に伝えよう」というお題。
今回ちょっと考えて、事前や直前に変更したことがいくつか。

まず、使うソフトをiMovieとしたこと。
基本的に、前回のフォトストーリー3でも、こちらでも目的的には変わらないのでOK。
iMovieの方が、高機能なので、いじれる場所がたくさんあり、普段使いこなしていない自分としては、聞かれても困る場面もあったのが実際。サポートしてくださる方があり、助かった。

次に、評価の仕方を少し工夫した。
評価は、ブラッシュアップとか、授業のねらいにも直結するので、大事なところ。
評価カードは用意していたが、その項目が適切かどうかは、授業の目的にもよるので、その判断はしてくださいねとお願い。一応、評価カードを基にして自己評価。さらに、できた作品の発表時にコメントをつけていただいた。アピールポイントだったり、やってみた感想だったり、途中に考えたことだったりしたけど、指導者から何をコメントとして言うように指示するかは、目的によって変わるなあと思った。
発表を聞くときに、付箋紙を使って、書いていただくようにした。
内容は三つ。
少し大きめの付箋紙に、書いてもらったこと。
一つは、教師の目線でだめ出しをしてもらう。×な点を書いてもらった。
もう一つは、児童の相互評価の目線で、いいな、○だなと思った点を書いてもらった。
さらに、別のオレンジの小さな付箋を渡して、発表された作品の中で一押しのものに、貼ってもらうこととした。一番票が集まった作品の方に、賞品として持って行ったカニ素材のお菓子と大山の牛乳で作られたキャラメルを進呈した。ネタばらしをすると、これらの賞品は新橋の鳥取県アンテナショップで手に入れたもの、前日に教材研究として立ち寄り、いろいろと質問をしながら入手したもの。ショップの方にいろいろお聞きしたけど、それ自体がおもしろかった。親切に対応していただきました。
評価の付箋は、グループごとの白紙にはってもらって最後は持ち帰っていただいた。記録として手持ちのデジカメで画像としては残しておいた。帰りの飛行機内で、読んでみたけど、とても参考になるコメントばかりだった。
コメントからも考えること作ることを楽しんで参加していただいた様子が分かった。

さらに、途中で行ったこと。
今回は教師の立場で行うことと、児童の立場になって行うことを、並行して作業していただいた。その際に、教師の立場で写真を4枚選んで、素材として提示すると言う場面があった。
その作業をしていただいたあとに、どんなことを考えて選んだかを、伝え合う場面をもうけた。どのような視点で選んだかを聞き合う中で、教師がどんな意図を持って授業構成をするかについての異なる考え方を共有できたのではないかと思う。
これはおもしろかった。

ワークショップを行うときに、お題と方法を伝えて作成し、最後のまとめがむずかしい。
作って、良いものができたねで終わるのではなく、その作成過程や指導過程から、教師の振る舞いやねらいとしてどんなものが発掘でき共有できたのかを明らかにすることが大切だと思う。
それを、まとめの段階で、どうコーディネートするか。そのために、それまでの流れをどう構成するのか、複線をどう張るのか。そのあたりを考えながらワークショップ全体の構成を刷る必要があると思う。
まだまだうまくできないけれど、授業もそうだけれど、ワークショップのゴールをどこにおいて構成するかが、大事だと感じた今日だった。

いつもながら、意欲的に参加して、真摯に考えてくださる参加者の皆様には、感謝である。
学ぶことがいっぱいある。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2