ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1818
昨日 : 3636
総計 : 222709222709222709222709222709222709
平均 : 4949


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2006年6月11日(日曜日)

修学旅行児童により学校WEBへのアップ

カテゴリー: - tanapon @

4年目になるかな。修学旅行での児童の携帯によるアップ。
今年は、学校WEBそのものに直接アップさせた。
いろんな状況がこれを可能にさせた。
児童への指導は1時間だけ。ポイントは二つ。第一は、アップ以前のこと。修学旅行は自分たちの学びの場であること。まずは見聞きすることを大事にすること、その前提の手段行動のきまりや見学のマナーが大事であること。これらを優先すること。第二は、アップに関して二つだけ指導した。一つ目、伝える相手は、おうちのこと。自分たちの旅行の様子を伝えること。でも、地域の型や他の方も見る学校ウェブであるから、発信の責任があるということ。二つ目。具体的な方法として、どのような内容の文章や画像が適しているかということ。誤解がないこと。正確であること。迷ったら発信しないこと。迷ったら先生に相談すること。また画像は、どのようなものならいいのか、良くないのかを話した。その中で児童から肖像権という既習の言葉もでてきた。また、個人の顔のアップについて適切かどうかについても、話になった。一時間の指導であったが、どのような目的でどのような内容をアップすればよいのかが、理解できたように思う。携帯を使ったアップの方法については、短時間で説明。練習は昼休憩に各自行った。職員室で練習でアップされるものをチェック。各自考えてアップしていることを確認。その旨を担任に伝えた。明らかに練習だというものを削除。
当日は、子どもたちは、情報発信の目的と内容を考えた、アップをしてくれた。
子どもたちの学びに拍手。
ウェブは、次の通り。一日目二日目

また、これが可能になった学校体制もある。
校長先生は引率しておられるため、チェックは不可能。
今回に限り、私がチェックすることを許可してもらい、二日間にわたり児童の書き込みをチェック。結果的に、修正したのは、文字の打ち間違い一カ所だけ。内容はOKでした。
担任の先生も意義を理解して、前向き。実際は引率だけでも大変だけど、子どもたちの学びのとらえて何を指導すべきかを考えた結果。
保護者の方々からも、修学旅行の半生中継、今年もするんですかという問い合わせがあったらしい。保護者の期待も大きい。今年は、携帯連絡網を使って、携帯閲覧サイトのアドレスも希望者には連絡した。文書でも全員に連絡しているけど、メールの方が、使っている人にとっては楽チンである。
学校WEBのアクセス数は、一日のものとしては、過去最大となった。
うれしいことである。

WEBシステムを試行錯誤で改善してきたことが、実際の使いやすさに生きたので、本当にうれしい。人的な働きかけもうまくいった。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2018年 12月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2