ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 3232
昨日 : 1010
総計 : 222838222838222838222838222838222838
平均 : 4949


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年5月24日(木曜日)

てんこ盛りの今日

カテゴリー: - tanapon @

校内行事やら対外行事やら出張やら、てんこ盛りの一日。
【その一 台湾台中県交流】
台湾からの子ども達が来校。交流担当学年の先生は、今週に入ってから子ども達と準備に時間を割かれた。今日は、田植え体験を一緒にすることに。田んぼに移動して田植えをして、学校に帰ってから、シャワーと着替え、その後ランチルームで給食交流。昼休みには、急遽子ども達の希望でダンス講習とサッカー交流。たくさんの交流を終えて、玄関でお見送り。
言葉は通じなくても、気持ちは通じ合えた様子は、お見送りのときの子ども達の姿で分かった。
帰れらる直前になって、本校でとった写真データをメモリに入れて持ち帰ってもらう必要が出た。バスはすでに待機状態。結局、一部しか持ち帰ってもらえなかった。持って来られたデジカメのXDピクチャーカードにデータを入れようとしたがアダプタ経由ではうまくいかず、よく見るとカードが1GBだった。(アダプタが多分対応していないと)ふと思い直して、本校の対応デジカメにカードを入れてケーブル接続。認識した。ようやく、コピーを開始したが、何せ、USB1.0のマシンである。あと7分と出た。泣く泣く了解の上で、コピー途中で終了し、メモリカードをお渡しした。英語で話されるので多少は行き来できたがとっさに細かいことは伝えきれずに通訳の方にお世話になった。USB1.0と2の差を思い知った一時であった。(^^;)

【某小道徳校内研】
中部の某小学校の道徳の校内研究会に、研究部員を代表して参加した。
授業は二つ、本校校内事情も考え躊躇したが、何とか二つの授業参観と研究協議会に参加できた。せっかく声をかけていただいたので、なんとか役を果たしたいとの思いもあった。
結果的には、かなり手厳しいことを言ったように思う。指導助言の先生(県内の大先輩)に言っててもらうことと、単なる一参加者である自分が言うべきことのかねあいを考えながら参加したが、地元の学校であるがために、今いわずしていつ伝えるのという感覚もあり、言い過ぎたかなと思うほど、言ってしまった。
授業者の一人は、前任校での同僚。当時に道徳の県大会を実施した際の同僚である。授業はさすがにそつなくこなされ、その中にはたくさんの示唆があった。その示唆を、校内の先生方がどうくみ取られるかが問題。さらに、その授業をパワーアップするにはどのようなことが必要かも、大事な視点。久しぶりに、元同僚の授業を拝見してうれしかった。さすがである。
一方、道徳の授業作りに対しての基本的な考え方や資料の読み取り、発問の構成、体験との関連のさせ方など、様々な面での、いろんな意見が職員の方から出され議論になった。議論できることはすばらしいと思う。その中で、自分としてもいろいろと言わせた頂いた。基本的なことから、そうでないことまであるけれど、どうやったら先生方も子ども達も道徳の時間が楽しくなるのかを考えて発言した。さらに、他領域の教育活動との違いもあり、道徳では何をねらうのかを具体的な議論の中で分かっていただくことが大事だと思った。
ともあれ、言い過ぎた面もあるが、いずれにしても、研究校としてこれから充実させていこうという意志のある学校の会に参加させていただいたのだから、言うべきことは言おうと思って参加させていただいた。先生方には力があるのだから、それをどのようにコントロールして、さらに成長していただくかは、校長先生と研究主任の手腕にかかっている。それを支える職員の雰囲気作りも大事である。そんなことを、あとでの雑談でお話しした。
 実は本校も同じである。

【カジカガエル】
カジカガエル採集に4年生が出かけた。
先日の環境教育の発表に関連して、今年はだれが継続するのかという問題があった。
4年生が早速に手を挙げてくれて、地元のカジカガエル保存研究会のみなさんと一緒に、お玉弱串の捕獲に出かけ、校内の水そうで、飼育し放流するまで世話をすることになった。
二人の担任と子ども達そして研究会の方々と、学校の上流にバスで移動し、苦労の末おたまじゃくしを捕獲し、校内の水そうに入れた。しばらく観察と飼育が続く。

他にも行事がてんこ盛りの一日。みんな大変だった。


コメント

このコメントのRSS

  1. 学校裏の川にも、たくさんいます。
    飼育するためには、何を食べさせるのですか?

    Comment by ありた — 2007年5月27日(日曜日) @

  2. おたまはおたま。乾燥ミジンコなんかでもいいみたい。
    カエルになったらたいへん。生きている小さな虫を捕まえてきてあげる必要がある。だから、カエルになったら早めに、放流。(^^;)。
    昔の人は、カジカガエルをカゴにかって、その音色を楽しんだらしい。ああ風流。

    Comment by tanapon — 2007年5月27日(日曜日) @

  3. ああ、そうかあ。おたまだもんね。

    蛙は生きているエサが必要なので、夜は電灯の下に置くんだそうです。楽して生エサ現地調達の技。毎年蛙を飼育して卵を産ませておたまじゃくしを放流している、地元の方に教えてもらいました。

    Comment by ありた — 2007年5月28日(月曜日) @

  4. 生エサ現地調達いいですね。そういえば、以前の自宅前に自動販売機があって、夜は、こうこうとした明かりに一晩中カエルくん達が群がっていました。いいエサ場だ。

    Comment by tanapon — 2007年5月28日(月曜日) @

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


23 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2018年 12月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2