ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 9
総計 : 219707219707219707219707219707219707
平均 : 5050


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年5月27日(日曜日)

M1000

カテゴリー: - tanapon @

ドコモの携帯PDA端末。2005年発売のM1000。
当時は5万円だった。これが、ドコモプレミアクラブでは、会員価格3000ポイント(円)で提供されている。いろいろと調べてから、申し込みをした。
無線LANに対応したフルブラウザとインターネットメール端末として考えてもお買い得かと。外に出て使えば、従来のフォーマ端末の電話としても使える。フォーマカードを抜き差しすれば、従来の携帯電話機と交代で使うこともできる。
携帯PDAとしては、最近も新しいものが出ているが、そのはしりの製品。今更と思うスペックもあるけど、それなりに使えそうな気もする。海外ローミングにも対応しているので、この秋に使えるかもというのもある。
外付けキーボードも販売されているので、携帯記録用端末として使って、さくさくとキー入力するというのもいいと思う。携帯電話というよりもFOMA回線も使えるPDAというところか。

これの内蔵メモリが、TransFlashという規格。聞いたことないなと思いながら調べてみると、この端末の少し前から使われ始めたもので、これが今では、マイクロSDの規格になっているそうだ。なんと、それなら今ではメジャーなメモリじゃないか。TransFlashとマイクロSDは完全互換らしい。
当時は、この小さいメモリカード自体を外に出して使うという想定はしてなかったようで、携帯電話のバッテリーのそばの内部に押し込んであるので、取り外しは一手間らしい。でも、それなりに互換もとれ、何より当時は高かったメモリが、現在はそれなりの価格で販売されているというのもいいかも。メモリ容量の対応上限が気になるけど。

さて、どんな使い道ができるかな。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.021 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2018年 7月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2