ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 9
総計 : 219707219707219707219707219707219707
平均 : 5050


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年5月28日(月曜日)

携帯による保護者連絡網

カテゴリー: - tanapon @

本校では、携帯連絡網を運用している。
某企業のものだが、かなり格安だと思う。機能的には、かなりいい。もう少しと思う面もあるけれど。

各社からいろんなものが出されるようになり、学校等をターゲットにしたものも出てきた。
昨日は充実しつつあるが、一つの問題が、価格である。
例えば、このメーカーのものは、月額一校約4千円である。これが安いのか高いのかは、価値判断の基準によると思う。また、メーカーによっては、学校単位の負担ではなく、受信する保護者個々に負担してもらう方法もある。

メーカー製ほどの機能はなくても、自前で何らかのシステムを組んで、安価に、とりあえずメール連絡をすることは可能である。でも、問題は管理が楽であり、だから運用が継続できること、そして簡単に使えて確認の返事ももらえるような機能があることが求められるであろう。簡単の中には、学校側の操作の簡単もあるけれど、保護者から見て、登録の簡単や登録の安全も必要な要素になるであろう。そういうことを実現するのは、きっと技術者の方から見ればそう難しいことではないのだろうが、それを現場の人と相談しながら作り上げていくこと自体がなかなかできないのではないかとも思う。

そして、そのような現場と技術者、そしてお金を負担する人の思惑が一致するような上手な開発や運用が求められていると思う。

いずれにしても、携帯を使って連絡を取り合うのは、当たり前になっており、学校だけがそれをうまく使っていないというのは、あまりにもお粗末すぎるというような時代状況だと思う。

個人的には、我が子が属する集団で保護者による携帯MLを運用しているが、かなりの頻度で情報がやりとりされるため、実際の動きがスムーズに行っている。昼に問い合わせたことが、夕方には、メンバー全員の返事が返ってきて集約できるような状況にある。

学校から保護者に案内文書を出して、そのとりまとめが2・3日でできればかなり早いほうという状況にくらべれば、携帯による情報の集約のスピードは、格段である。

さて、どんな状況になるのだろうか。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.023 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2018年 7月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2