ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 3
昨日 : 5
総計 : 220550220550220550220550220550220550
平均 : 5050


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年6月27日(水曜日)

第2回授業研

カテゴリー: - tanapon @

6月初旬に続いて、第2回の授業研を行った。各6授業で、2回で全員が授業研を行ったことになる。今日も2時間枠で、各3授業。見る側にも力量が求められる。協議は、学年部を中心としてワークショップで視点に沿ってまとめて、全体発表で共有。今回の指導助言は中部教育局の坂口先生と教育センター谷口先生の二人の主事の先生、そして鳥大の渡部教授という3名による豪華布陣。お願いした指導助言の時間は各8分というタイトな時間設定。ワークショップの時間を少しでも多くとりたかったから。
時間が少ないデメリットもあるが、短い時間でも明確になった事柄もあった。
みんなで校内研究の課題を共有する意味で、みんなで一斉にドンというのは意味があると思っている。今日の成果をどう整理して、どう今後につなげていくかが、大切になる。
職員の多くが転勤していき、この2年ほどで、ほとんど総替え状態となっている。従来の研究をどう継続し、発展させていくかを考える。そういう思いを持った人が何人かいるのは心強い。
それにしても、本校の職員はすごい。時間がない中であれだけの指導案を書いて、授業をしてしまうのだから。それをあとにつなげていくのがわたしの仕事。さらにそれを皆で共有して今後の学校の研究文化の醸成につなげたい。
近隣からは、山脇さんが参加してくれた。率直な意見を出してくれて、BLOGにも書いてくれた。それはここ。またトラックバックもしておく。最近トラックバックなるものをしていないので、動作が不安。(^o^)


コメント

このコメントのRSS

  1. 授業研究会の進め方を参考にさせてもらいたいと思います。1日に2つ以上の授業研究会を実施した後の全体会の持ち方です。ワークショップ型でグループで柱に沿った話し合いをした後、グループごとの発表をし、全体で柱に沿った話し合う。全体で話し合いを進めるよりも、先生方の考えがたくさん引き出せ、とてもいい進め方だと思います。講師の先生に指導助言していただくまでに授業の自分なりの改善策を考えを持つことにより、研究会に主体的に参加できると思います。また、今度授業を見せていたきたいです。よろしくお願いします。

    Comment by あべちゃん — 2007年6月28日(木曜日) @

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.022 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2018年 9月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2