ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1010
昨日 : 8
総計 : 219405219405219405219405219405219405
平均 : 5151


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2007年10月30日(火曜日)

携帯のメールサーバ

カテゴリー: - tanapon @

ソフトバンクの携帯を使っている方から、MLのメールが入らないといわれたことから、調べてみた。MLの設定は間違いない。インターネット経由のメールを送ってみると拒否されることがある。届くこともある。
携帯のメール設定を疑った。

調べてみるとおもしろいことが分かった。
ソフトバンクの携帯メールの仕様として、インターネットや他社携帯からのメールは、サーバには120通しか蓄積できない。それ以上は、受信拒否される仕様になっている。また、通常の携帯メール受信では、常にサーバにはメールを残す設定になっているようで、何もしないと常にサーバーにメールがたまっている状態になるようだ。一日に一回、自動的に古いメールを削除して空いた隙間にたまにメールが入ることもあるようだ。携帯端末のメールを削除することとサーバのメールを削除することは、通常連携していないみたい。
自分が使っているドコモの携帯メールは、サーバにためるということがないと思うのだが、このソフトバンクの仕様には、驚いた。通常のインターネットメールのメールサーバの動作を理解していないと、この仕様は理解しがたい。どんな使い方を想定してこのような仕様にしているのかなと思った。
PCでも閲覧できて、携帯で閲覧しても、サーバからは削除されないという使い方なら分かるけど。そういう仕様なのかな。それなら分かっている人からは便利な機能だ。

また、メールが入ったら携帯にはメールが入ったという通知が入り、必要ならサーバに読みに行くという仕様になっているみたい。だから、未読のメールも既読のメールも何も操作しなければ基本的に、サーバにたまっていくことになるらしい。
購入時のデフォルトの設定では、メールが入らないという状況がおこっても仕方がない。一般の人には、わかりにくい仕様だ。


コメント

このコメントのRSS

  1. それぞれの会社で仕様が随分違うんですね!びっくりです。
    昔のドコモは、サーバが送信できなかったメールは、次のメールが送られてきて送信状態になるまで保留されてました。翌日配達されてもねえ・・・って感じでした。
    メールは、まとめて受信すると通信料が安く済むのかしら。これだけエリアが広がっているソフトバンクなのに、ちょっと使い勝手が悪いですね。

    Comment by ありた — 2007年10月30日(火曜日) @

  2. コメントありがとうございます。

    インターネットメールと携帯メールの違いをどうつけるかの問題のように思います。仕組みは同じだけど運用の仕方や利用の仕方がちがうのかな。
    使い分けをしている人も多いので、違いを確立してもらうとありがたいかな。
    違いがないのならないでいいのだけれど。

    それにしても、同じケータイメールでも、キャリアによってちがうってのは、驚きました。

    Comment by tanapon — 2007年10月30日(火曜日) @

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


21 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2018年 6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2