ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 2020
昨日 : 115115115
総計 : 263656263656263656263656263656263656
平均 : 5050


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2008年1月20日(日曜日)

チャーリー・マフィン

カテゴリー: - tanapon @

ブライアン・フリーマントル著作のなかで、魅力的な人物である。
すでに多くのチャーリー・マフィンシリーズが出版されている。
本棚の中を見てみたら、そのほとんどがあった。
先日から、一部を手にとって、再読をしている。
一番古いものは、昭和54年発行で61年16刷の文庫本である。
シリーズを読み始めて20年以上たったことが分かる。
ほとんどは、一度読んだきりであるので、再読して、その魅力を再認識した。

ジャンルとしてはスパイ小説なのだが、単にそれに収まらない魅力がある。
主人公のチャーリー・マフィンは、見た目は中年の風采のあがらない男である。
活動する中で見せるその人間くささとともに、切れ味鋭い判断は、読んでいて爽快である。
現実の世界ではなかなかそうはいかないだろうと思いながらも、話の組み立てに引き込まれてしまう。
また、再読して気づいたのが、世界各国の(当時の)状況や各地の描写である。
中には、日本を場として展開するものもある。
若い頃に読んだときには分からなかったけど、読み直してみると改めて思うこともある。

本棚の整理をして、シリーズを順番にならべてみた。
調べてみると、あと二つの話が出版されていることが分かったので、おいおい読んでみようと思う。

アマゾンにリストがあった。
リストマニア「チャーリーマフィン」


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2021年 1月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2