ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録


アクセスカウンタ
今日 : 1515
昨日 : 1616
総計 : 212423212423212423212423212423212423
平均 : 5454


メインメニュー


WordPress 月別過去ログ


WordPress カテゴリ一覧


メール送信


みんなで作るリンク


テーマ選択

(17 テーマ)


関心キーワード
情報化 情報教育 校務の情報化 校務の情報化 ICT活用 情報モラル  校内研究  デジカメ プロジェクタ 電子黒板 無線 LAN デジタルコンテンツ フラッシュ  コンピュータ ネットワーク エクセル ワード パワーポイント キーノート VBA マクロ コーディネート




2009年10月11日(日曜日)

AspireOne 快適化

カテゴリー: - tanapon @

少し前から去年のモデルのミニブックノートAspireOneを持ち歩いている。データはほとんど前のノートに残っているので、結局2代持ち歩く羽目になっているのだが、小さいので快適である。

事務的作業には、能力的には支障なく使える。
ただ、画面が少し小さいのがネックかな。
1040×600は、他の方も書いているが、縦方向が少し使いにくい。
○タスクバーを自動で隠す設定にした。これで少し広くなった。

プロジェクタに接続しPPを使ったら、解像度が合わなかったことがあった。
手順の問題だとわかった。
○プロジェクタに接続し、画面を映してから、プレゼンを実行するようにしたら、うまく表示してくれた。
動画の同時表示については、未確認。

AC電源アダプタは小さいのだが、コンセントとの接続コードが3ピン(ミッキー型というらしい)でしかも、太くてかさばる。
○3ピンを一般的な2ピンに変換するアダプタと、2ピンのコードに変更。持ち運びが楽になった。

動作はそんなに遅くないが、時にもっさり反応することもあり、高速化を検討。
メモリは1Gあるので、少なくはないが、増やしておきたいところ。
オンボードの512とメモリースロットの512の合計である。
○メモリー交換をすることにした。
オンボードのものは変更できないので、メモリースロットのものを1Gに差し替えることにした。
自己責任である。メーカー保証はなくなる。
手元にいいものがあった。マックブックから外したメモリ1G。
マックブックの1+1=2ギガだったのを、2+2=4ギガに換装しているので、余ったうちの一枚。オークションにでも出そうかと思っていたけど、使う時がきた。
規格を調べると合いそうなので、トライした。

このマシンは、ちょっとやっかい。
メモリースロットが、奥底にある。
キーボードや、マザーボード等、たくさんはずして、ようやくスロットが見えた。
交換後、また組み立てなおして起動すると、あっさりと認識。
はずすねじの数も多く、部品は小さいので、かなり慎重に作業した。

合計、1.5Gのメモリとなった。

そこで、増えたメモリを有効活用するために、キャッシュとして使うことを考えた。
○メモリをキャッシュとして使うソフトを導入。
eBoostr をインストール。メモリのうちの500メガ程度を割り当ててみた。
他にも、SDカードやUSBメモリもキャッシュとして使うことができる。4Gまで使える。
再起動後、よく使うソフトを、何度か起動させてみると、やがてキャッシュがきいて起動がとても速くなった。効果は大きい。使ってきたX31よりも体感速度は速くなった。
X31でも導入すると効果があるかもしれない。

メモリ関係に手を入れたことで、かなり反応が良くなった。以前は、何かのタイミングで文字変換に時間がかかることもあったが、それがなくなった。使えます。

最初に入っていたセキュリティ対策ソフトが期限を迎えたので、アンインストールして乗り換え。
○キングソフトのものに変更。いい感じです。


コメント

このコメントのRSS

  1. ご無沙汰しております。私も同型のAspireOneを所有しておりますが,2月にSSDを購入したまままだ何もできずにいます。キングソフトの無料版を私も使っていますが実用上何も問題ありませんね。広告をいちいち消すのが厄介ですが,これも無料で使わせてもらっているので,文句を言うところではありませんね。

    ずっと前にお話ししていたタレ焼きそばの件ですが,正式にページが立ち上がったようですのでお知らせします。夏休みにほぼ制覇いたしました(笑)
    http://www.hiruzen.info/yakisoba/

    Comment by Macchin — 2009年10月18日(日曜日) @

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


20 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

つぶやき


鳥取の天気


BLOGカレンダー
2017年 4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


関連書籍


書籍紹介


アドセンス


アソシエイト
Amazon.co.jp アソシエイト


検索


論文検索


ICT


教員向けポータル


リンク


はてなアンテナ


勝手にリンク 気になる人々



Copyright(c) Tanapon All Rights Reserved.
テーマについては、以下参考にして使わせていただいています。
Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2